外見上の差異

12 の用例 (0.00 秒)
  • 鎌倉時代後期以降になると様式が簡略化されたものが出現しはじめ、昭和時代以降に作られた物は左右ともに角が無い物が多く、口の開き方以外に外見上の差異がなくなっている。
  • 改修前に比べ外見上の差異は無いが、機体色が黒・グレー基調の専用色に変更されている。
  • 実際、どの車両も塗装を除くと外見上の差異はほとんどない。
  • 一つは外見上の表現型の差異が存在するため、もう一つはそのような外見上の差異を認識する人間の認知能力が存在するためである。
  • ほとんどの場合、色が違うと外見上の差異も伴う。
  • そこから分かるように、人の外見上の差異はゲノムのわずかな部分によってもたらされる。
  • 狙撃仕様の改造が「三八式歩兵銃」として生産途中か生産後かの違いであるため性能は九七式と大差なく、外見上の差異として単脚が無く「三八式」と刻印が、そのままとなっている点が挙げられる。
  • 両種の外見上の差異は、この種は本種より大型になり、頭部にある白帯が折れ曲がり体側の点状の班が斜線状に連なる。
  • 本来の設定では機体色以外にノーマル機との外見上の差異は無かったが、小説の挿絵を担当する緒方剛志が描いた絵が前述のような外見であり、『ASTRAY B』において挿絵を参考に模型化したことから、設定変更された。
  • 既存の大正11年制式からは大きな変更点はなく、軍衣・夏衣の外見上の差異は背中生地の裁断のみであるため、昭和5年制式の本項上下掲の着用画像はあくまで参考である。
  • 機首と窓が変更されたコクピット、大型化されたエンジン、主翼上方にはみ出さず下方にまとめられた燃料タンクが外見上の差異であった。
  • CF-18 ホーネットのF/A-18との外見上の差異は、夜間識別用に装備された60万カンデラのライトである。