外見や生態

10 の用例 (0.00 秒)
  • 外見や生態はコメツキガニに似ているが、科のレベルで分類が異なる。
  • 外見や生態は和名のとおりマンボウにも似ているが、分類上はまったく別の魚である。
  • これらは深海魚で、姿は似ていても比較的浅い海に生息するエソ科とはまた異なる外見や生態が知られる。
  • ヤゴもそのひとつで、成虫とは外見や生態は全く異なるがトンボ目の幼虫である。
  • また同様の環境にはウミニナによく似た外見や生態を示す巻貝も多く、大規模な産地ではこれらの複数種が共存することも少なくない。
  • テナガエビ亜科とカクレエビ亜科の2亜科が知られ、外見や生態はそれぞれ大きく異なる。
  • ホンメダマアナゴ亜科 は、外見や生態は後述のクロアナゴ亜科に似ているが、亜科の名のとおり目が大きい。
  • 外見や生態はホウロクシギとよく似ているが、飛び立てば後半身が白っぽいので区別できる。
  • マハゼ Acanthogobius flavimanus とは外見や生態が似通っているが、ウロハゼはマハゼより太く短い体形をしていること、下顎が前に出ること、鱗が大きいこと、腹面に光沢がなく灰色を帯びることなどで区別できる。
  • その外見や生態から、イシマテガイ、イシワリ、ヒミズ、カツブシガイなど数多くの地方名を持つ。