外見は普通

21 の用例 (0.00 秒)
  • パトカーではなく、外見は普通の乗用車と変わらない黒塗りの車だった。 結城昌治『振られた刑事』より引用
  • 外見は普通の人間と変わらないが、不死である吸血鬼を殺す力を持つ。
  • のっぺらぼうは、一般的に外見は普通の人間だが、顔には目も鼻も口もない日本の妖怪である。
  • 両者とも単に勉強についていけない程度で、外見は普通学級の生徒と変わらなかった。
  • 外見は普通の人と変らないが、どこかが少しおかしい。 阿刀田高『箱の中』より引用
  • これもクラインフェルター症候群に入るんだが、外見は普通人と少しも変らない。 半村良『聖母伝説』より引用
  • それに外見は普通でも、ひと皮くと異常さを現わすさらにおそろしい男もいるのである。 森瑤子『ドラマティック・ノート』より引用
  • 北京メディアセンターは外見は普通のホテルと変わりなく、施設の多くの部分はマンションとして貸し出されたり、ホテルとなっている。
  • しかし、外見は普通の人となんの変るところもなく、きれいな澄んだ目をしていらっしゃる。 池田弥三郎『話のたね』より引用
  • 久八は彼女が湯にはいる時、それとなく気をつけて視ていたが、あしびつこというわけではなく、身体の外見は普通の女と変りがなかった。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • 二ヶ月ぐらいで宮簀媛の外見は普通に戻った。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • その外見は普通のトゲハムシとは異なるものである。
  • 以前はジープだったが、今は特別に作られた車で、外見は普通の車に近いが、真赤に塗られて、かつ防弾装甲そうこうになっている。 赤川次郎『プロメテウスの乙女』より引用
  • 禍斗の外見は普通の犬と同じであるが、禍斗の体毛は黒色であり独特の光沢を帯びている。
  • 報告書に添付された まくち の外見は普通のボラとよく似ており、また、1936年に発行された『淨の池異魚絵葉書』 解説書では 大体普通のボラと同様である、旨の解説がされている。
  • 日本の金融機関が独自に運行する車両は、キャビンに頑丈な金庫を搭載し、護身術等の防犯訓練を受けた社員らが運行しているが、外見は普通自動車や軽自動車と大差無いため、一目では分からない。
  • 外見は普通の長靴・半長靴・短靴タイプのものや、スニーカーや前ゴムシューズタイプのものがある。
  • また、メラニスティックと呼ばれる個体は、外見は普通の黒猫のようだが、光に当てるとクロヒョウのように斑点が浮き上がって見えるといわれている。
  • 外見は普通のガソリンスタンドと大差はない。
  • 施設の外見は普通の工場と大差はないが、大雑把に言うと、家畜を食用目的で屠殺する際に生じた食用に適さない部分を主な原料として油脂類・ゼラチン類のほか、石鹸・ペットフード・肥料・化粧品の原料、及び肉骨粉などを製造する工場である。