外科部長

61 の用例 (0.00 秒)
  • 第一次世界大戦ではミュンヘン駐屯野戦病院の外科部長を務めている。
  • 気がついた看護婦が止めようとする暇もなく、外科部長はそれを飲みほした。 倉橋由美子『アマノン国往還記』より引用
  • 長男も次男も、ともに医学博士で、長男はすでにK大学外科部長を務めている。 内田康夫『遺骨』より引用
  • 仕方なく、勝畑病院を呼び出したが、柳矢外科部長も田中看護婦長もいない。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • それならばと、スーザンは外科部長のハリスのところへ告発に行った。
  • 漢口かんこうの同仁会病院の外科部長である四郎の妻として異国に生活しているのであった。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • 私は今外科部長と話して別れたばかりです。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • 責任は外科部長がとってくれたから、諸君がその点で困った立場に立たされることはない。 倉橋由美子『アマノン国往還記』より引用
  • 四郎は漢口かんこうの同仁会病院の外科部長となつて赴任しました。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • 無資格の医介補に患部をいじられている所に、外科部長が出て来たような気分になったのだろうか。 島尾敏雄『魚雷艇学生』より引用
  • 函館の病院の外科部長をやっていて、戦争中に死んだ。 丸谷才一『年の残り 他』より引用
  • 口惜しいが、その点では、軟骨外科部長としての馬の技量を認めざるを得ない。 安部公房『密会』より引用
  • 彼はおやじによって育てられたのではなく、その前の第一外科部長、桓下たけした教授の弟子だったからである。 遠藤周作『海と毒薬』より引用
  • また、東京府社会事業委員会第三部部長として、協会附属病院開設に注力し初代病院長兼外科部長に就任した。
  • 第一外科部長だった井上先生がなくなられ、その代りに橋本副部長先生があとを継いだことも勤めてみて始めてわかりました。 遠藤周作『海と毒薬』より引用
  • 「どういうことかね、これは」と外科部長がまた繰り返した。 倉橋由美子『アマノン国往還記』より引用
  • アルコック氏は胃の手術が予定されている患者に四対一のオッズをつけて外科部長の注意をひいていた。 リチャード・フッカー『マッシュ 続』より引用
  • ある程度まではドーン夫人の友情と、むろん彼の外科的才能にもよるんだが、このオランダ記念病院の外科部長になっているんだ。 クイーン/二宮佳景訳『オランダ靴の秘密』より引用
  • 臨時病院の院長はのちに軍医総監となった石黒忠悳で、外科部長は佐藤進であった。 渡辺淳一『光と影』より引用
  • 私は森岡外科部長のところへ挨拶に行く。 外村繁『澪標』より引用
  • 次へ »

外科部長 の使われ方