外科治療

41 の用例 (0.00 秒)
  • また彼の患者の多くが放射線治療と外科治療を受けている。
  • 医師はいなかったが、大風子油が使用され、素人的な外科治療がなされていた。
  • しかし、屈折異常の外科治療を行っている医師への本格的な浸透はこれからである。
  • さらに、彼は1世紀のローマにおける様々な外科治療について書き残している。
  • 治療は病期、年齢により異なるが外科治療、放射線治療、化学療法を行う。
  • 小帯切除術は歯周外科治療において歯肉歯槽粘膜形成術に分類される術式の一つである。
  • 当時においてはこれも有効な外科治療の一環であり、これが按摩術のルーツであると考えられる。
  • そのため、外科治療による治癒が難しいとされている。
  • その後、中国で入廟老という者に火術、外科治療の法、火攻めの方法などを伝授した。
  • 言うまでもなく、外科治療に関する医学的な知識がないものがウジを用いた治療を試みるべきではない。
  • 重要な構造を詳細に視覚化できるため、三次元視覚化手法は各種診断や外科治療にとって重要な情報源となっている。
  • 彼は学業の最後にてんかんの外科治療に関する卒業論文を作成していたが、そのために必要な論文や書籍を探し出すためにアメリカ中の図書館や大学に問い合わせなければならなかった。
  • 小児科領域でも消化器疾患は、外科治療が根治術である疾患が多い。
  • 近年のピラミッド労働者の村の発掘で、労働者たちが妻や子供といった家族と共に暮らしていた証拠や、怪我に対して外科治療が行われていた痕跡が墓地の死体から見つかり、現在では奴隷労働説は否定されつつある。
  • 歯周組織が炎症により破壊される病気が歯周病であり、歯周病治療には歯周基本治療としてスケーリング、ルートプレーニング、さらに歯周外科治療が行われる。
  • 歯周外科治療には、以下の処置が挙げられる。
  • クシャトリアと関係が深かったと考えられる『スシュルタ・サンヒター』では外科治療に触れられているが、両書の基本的な医学理論に大きな差はない。
  • 左心低形成症候群の外科治療のプロフェッショナルとされ、南淵明宏からは師と仰がれている。
  • 静脈損傷はあまり問題視されず、再建の必要も特にないが、大動脈損傷は致命的であり、外科治療をする。
  • 本術式は1971年にフォンタンとクロイツェルにより三尖弁閉鎖症に対する外科治療としてそれぞれ独立に報告された。
  • 次へ »