外科学

183 の用例 (0.00 秒)
  • 歩き始めたばかりの子供向けの靴には整形外科学的機能が施されている。
  • また、整形外科学と混同されがちであるが全く分野の異なるものである。
  • 外科医を信用するために、外科学の知識の詳細を全て知る必要はない。
  • 外科学は外科的手法を用いる全ての分野を包括する基礎となる学問である。
  • モンペリエ大学で医学を学び、その後パリの慈善病院で外科学を学んだ。
  • 心臓血管外科学領域で行われる代表的な手術術式は以下の通り。
  • 主に外科学領域において行われる内視鏡を用いた手術全般を指して使われることが多い。
  • 外科学の一分野であり、医療を目的とした形成外科学とは異なる。
  • 心臓血管外科学とは、心臓や血管などを中心に扱う外科学の一分野である。
  • 呼吸器外科学領域で行われる手術術式は以下の通り。
  • 現在はスケートを引退し、アメリカに戻り整形外科学の研究をしているという。
  • ただし、頸部より上の血管に関しては、脳神経外科学で扱う場合が多い。
  • 各学会名としては広く存在しているが、上記外科学の各分野から独立して存在することは無い。
  • 麻酔薬の薬理学などを外科学に応用する立場で、学術的な関連領域は広い。
  • 場合によりリウマチ学や形成外科学などと連携して治療にあたる。
  • 脳神経外科学の発展に貢献し、クッシング病の名前で知られている。
  • それよりも、外科学の進歩に貢献するような大研究をなしとげて欲しいということであった。 江戸川乱歩『孤島の鬼』より引用
  • 主に口腔外科学領域で、ときに婦人科学領域などで用いられる。
  • 日本では「皮膚泌尿器科学」という名称で、外科学から分離し創設されていった。
  • 卒業後、ヴェサリウスはすぐにパドヴァで外科学と解剖学の教授に任命された。
  • 次へ »