外科医長

18 の用例 (0.00 秒)
  • しかし脳神経外科医長である丸岡が別の説をとなえていたように、彼の脳はまだ、誰にも知られていない闇をかかえていたのである。
  • 外科医長という肩書のある老医師が、記入していた机の上のカルテから顔をあげて、くるりと椅子をまわした。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • 外科医長は、後ろのベッドを手で示した。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • そこで山口赤十字病院佐藤外科医長の執刀で手術したところ、陰嚢から直径三センチほどの胎児が出て来た。 西沢爽『雑学艶学』より引用
  • 外科医長にでも来てもらったの? 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • 外科医長の執刀で予定通り手術が始まった。 上野正彦『死体は生きている』より引用
  • 聖ヨセフ病院の外科医長ピエール・バルベは実験を行い、聖骸布で示される位置に釘を打つと手首の骨の隙間を押し広げてとおり、簡単に貫通した。
  • 父はこの病院の外科医長、『ボヴァリー夫人』の中で、ラリビィエール博士として描かれている。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • 外科医長が、かがみこむ姿勢で、秋津の腹部や胸のあたりを、指の先で触診しはじめた。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • 外科医長がやや驚いて、秋津を見つめ返した。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • 外科医長はそこで言葉を区切って、重々しく言った。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • 父は外科医長で独立心が強い人物だった反面、偏屈、神経質で、おまけに吝嗇りんしょくだったが、子弟の教育には費用を惜しまなかったといわれる。 ドストエフスキー/中村融訳『地下生活者の手記』より引用
  • 加納先生というのは、お茶の水にある大きな病院の外科医長で、ちかごろヌード写真に凝っており、この倶楽部での上得意である。 横溝正史『金田一耕助ファイル10 幽霊男』より引用
  • 痔用体操については、エッセイ「痔用体操」のあとに、当時、同愛記念病院の外科医長であった佐分利六郎先生が、「熱心な闘病精神に感心し、手術がいやなためにこんなにも辛抱強く養生するものかとつくづく考えさせられたが、やはり医師の診察を受け、正しい治療をすべき」との一文を寄せているので、記しておく。 池波正太郎『わたくしの旅 (池波正太郎未刊行エッセイ集2)』より引用
  • 大学卒業後、大学院に入り助手となり、1888年第五高等中学校医学部教諭となり外科学・外科病理学・外科臨床実学を担当、長崎病院外科医長を兼ね、後に教授に昇任した。
  • 外科医長に指示されて、看護婦が秋津のスラックスのベルトをはずし、スラックスのジッパーも半分までおろして、腹部をゆるめた。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • 元々は1896年、ロンドン・キャンサー・ホスピタルの外科医長ハーバート・スノウが、末期がん患者にモルヒネと少量のコカインの混合液を服用させたところ、効果が認められたという報告に始まる。
  • 奥田 準二は、京都府福知山市出身の消化器外科医であり、現在、大阪医科大学 一般・消化器外科 准教授、及び同大学附属病院 消化器外科 医長を務める。

外科医長 の使われ方