外洋艦隊

9 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、求められた役割や目指していたところを考えると、外洋艦隊とするのが適当と考えることができる。
  • 財政的、技術的に、強力な外洋艦隊を創設する能力は無いが、地域覇権は十分握ることが出来ると考えられている。
  • 海軍は沿岸防衛を中心に整備されてきたが、国是となっている台湾の併合のため上陸戦力を整備している他、西太平洋地域を影響下に収めるための外洋艦隊の建設をすすめている。
  • ソ連海軍は、沿岸警備艦隊から一大外洋艦隊へ変貌を遂げた。
  • また基地から遠く離れて活動する外洋艦隊は洋上補給兵力である給油艦、給兵艦、工作艦などを艦隊に加え、これらを通じて基地からの後方支援を受けて作戦行動を行うことが出来るようになっている。
  • ソ連海軍は航空母艦にも運用できる、外洋艦隊防衛用のAWACSを求めたもので、1985年7月12日に初飛行した。
  • この項目では区別のためHochseeflotteを大洋艦隊と訳したが、Hochseeはドイツ語で外洋を意味するため訳としては「外洋艦隊」が適当である。
  • 第一次世界大戦が勃発すると、本国艦隊と大西洋艦隊はグランドフリートに統合され、イギリス海軍の大半の戦力がこれに属し、ドイツ帝国海軍の外洋艦隊であるHochseeflotteと対峙した。
  • 恒久登録されていた一般兵科のRNR士官は直ちに外洋艦隊の勤務に就き、駆逐艦、潜水艦、特設巡洋艦やQシップに乗組んだ。