外洋船舶

5 の用例 (0.00 秒)
  • 北方にあるために港が冬の間は凍り、大型の外洋船舶が入れなかった。
  • なお、国際無線電報として外洋船舶向けに24時間受付・伝送が行われていたが、日本国内の海岸局の廃止に伴い取扱終了となっている。
  • 外洋船舶が接岸可能な港があるが、その大多数はジロンド川下流の港、主にヴェルドンを利用する。
  • そのため、長年にわたりイギリスから西オーストラリアへと向かう外洋船舶の最重要寄港地として、パースを上回る地位にあった。
  • マタディからボマをとおり河口までの間は再び航行が可能になり、外洋船舶も遡上可能であるため、河港マタディはコンゴ民主共和国の主要貿易港となっている。