外洋船

43 の用例 (0.00 秒)
  • この国が外洋船の姿をしていないのが問題なんだ! 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • グディニャでは内陸水路用の船舶から外洋船への積み替えなどが行われた。
  • 往時、亀のように舷側が膨らんだ船が、外洋船として使われていたのである。 荒巻義雄『「能登モーゼ伝説」殺人事件』より引用
  • ジョージタウンは滝線のすぐ下にあり、外洋船が航行可能なことでは最も内陸にあった。
  • しかし、いくつかの資料によれば、彼らは外洋船を持たなかったため、その交易は地域的なものであったという。
  • これらのダムおよびそこに閘門があることにより、ルイストンには外洋船で来ることができる。
  • 四千トン級の外洋船も遡行してくるパラグアイ河は、アスンシオン市の北側を流れている。 佐木隆三『旅人たちの南十字星(「逃亡射殺」に改題)』より引用
  • 最初の大きな外洋船がグディニャに入港したのは1923年8月13日である。
  • かつてはこの場所が、ヴォルホフ川をこれより先には遡れない外洋船が停泊できる港として重要であった。
  • この運河を大きなものにすればレクリエーション用途や大型の外洋船の航行も可能だった。
  • クナールは比較的小さな外洋船でもあり、ノヴゴロドまでの河川を遡ることもできた。
  • 河口付近は湿地が多かったが、それでもここに入植したのは海から離れているのでスペイン艦隊から見つからず、しかも川が深い場所だったのでいつでもすぐ逃げられるよう外洋船を停泊させることができたからだった。
  • ルネサンス期のもっとも重要な技術革新の一つは、初の本当の外洋船といえるキャラベル船の発明である。
  • だが、アラカン王は外洋船のことは無視し、シャー・シュジャーに娘の一人を妻に欲しいという始末であった。
  • スネーク川とコロンビア川にダムと閘門があるために、ルイストンには外洋船で来ることができる。
  • だが、これもいい外洋船でしょうが? イネス/大門一男訳『蒼い氷壁』より引用
  • ヤンゴン川は外洋船が航行可能な航路になっており、ミャンマーの経済で重要な役割を担っている。
  • 第二次世界大戦の戦前と戦中に、ロサンゼルス港とサンフランシスコ湾の間のカリフォルニア州海岸では唯一大きな外洋船の入れる港という利点を生かしてアメリカ海軍のポートワイニーミーとポイントマグーの基地が建設され、これらの基地がその後には防衛産業として航空宇宙産業や通信産業の発展を促すことになった。
  • セブー川の河口近くに位置し、大西洋からケニトラの港までは外洋船が遡行できる。
  • 当時ヨーロッパで3年前の1914年に第一次世界大戦が起こっており、ハリファックスは北アメリカからヨーロッパへの軍需品の積み出しが盛んに行われており、外洋船の往来が盛んであった。
  • 次へ »