外洋航路

12 の用例 (0.00 秒)
  • 外洋航路の場合、いわゆる賄い料を含む形態を取る場合もある。
  • アンドレア・ドーリアはイタリアが建造した外洋航路船である。
  • ここで赤い線を引いた外洋航路船がちらと見えた。 フィッツジェラルド/佐藤亮一訳『華麗なるギャツビー』より引用
  • 計画造船は造船業・海運業の再建とその後の外洋航路再建と高度経済成長を支える重要な鍵となった。
  • しかし、アルマダの戦いでの敗北以降、スペイン海軍もまた大規模な組織改革に着手しており、次の世紀においても本国海域や外洋航路の支配を維持し続けた。
  • また、外洋航路の民間船舶にも小型のフラッシュ方式や逆浸透方式を利用した海水淡水化設備が搭載される。
  • 外洋航路船がリッチモンド港まで遡るために幹線道路にはフェリーボート、高い橋およびブリッジトンネルの組み合わせが使われている。
  • また、品川宿があった目黒川河口付近より北側の江戸湾は浅瀬で外洋航路の大型船は入船できず、この付近では外洋航路の大型船から小型船に積み荷を載せ替えが行われ海上交通の結節点として船舶で賑わった。
  • 禿げかかった才槌頭から薄くちびた下駄をひっかけている素足までまッ黒に日焼けしているが、日本郵船の外洋航路の船のバーでバーテンダーをやっているときにインド洋でやられましてンというのが口癖だった。 開高健『(耳の物語2) 夜と陽炎』より引用
  • 若い復員兵が特攻隊だったといい、南方帰りはガダルカナルだったといいたがるみたいに、バーテンダーはよく郵船あがりだといいたがり、その数のおびただしさからすると、いったい日本郵船には何隻の外洋航路船があったのだろうといぶかりたくなる。 開高健『(耳の物語2) 夜と陽炎』より引用
  • 日本語で狭義に「機帆船」という場合は、外洋航路への無帆装の蒸気船の普及後に、沿岸航路の海運に用い続けられた内燃機関搭載の木造船を指す。
  • 船の場合、長距離フェリーや外洋航路のように、長時間の航海を行う航路では、特等・1等・2等と船内の設備に差をつける等級制を採っていることが多い。