外洋航行

85 の用例 (0.00 秒)
  • 対潜、対艦能力に優れており、外洋航行能力も付与されているとされる。
  • 船体形状は、外洋航行を考慮して比較的乾舷の高い平甲板型船体とした。
  • また外洋航行可能であることから、戦域間輸送に使用することも可能である。
  • このことで造船所の拡張が可能になり、当時外洋航行が可能な軍艦も建造した。
  • 後に主砲塔付近や艦尾の副砲は外洋航行時に波浪が吹き込むために閉塞された。
  • 西洋初の外洋航行可能な甲鉄装甲艦、ラ・グロワールを設計したことなどで知られる。
  • なお建造当時、この大きさの外洋航行単胴船が軽合金で建造される例はほかにないものであった。
  • 逆にアメリカ合衆国をはじめとする外洋海軍では外洋航行能力の低いミサイル艇の需要は少ない。
  • また、外洋航行船の乗組員を守ることもそのひとつである。
  • しかし、艦首の乾舷が不足したために外洋航行時の凌波性が不足し、フロリダ級で改善された居住空間も武装強化のために再び悪化して艦隊側の評価は高くならなかった。
  • 外洋航行時の凌波性を向上させるために艦首の乾舷を高くとった船首楼船体である。
  • この頃のフランス海軍では第一次大戦からの戦訓で外洋航行も可能な「艦隊水雷艇」の整備に取り組んでいた。
  • 駆逐艦はある程度の外洋航行能力を持っており、外洋においても魚雷攻撃が可能になった。
  • 両世界大戦を通じてイギリスでは、キュナード・ラインのような船会社の外洋航行能力を持った船は海軍に徴用され、重要な役割を果たした。
  • これにより外洋航行時の安定性が増した。
  • 多くの製品の中でもこの造船所はコリアと呼ばれる外洋航行型船舶の建造を初め、他の東部の港や海外に石炭を運んだ。
  • 「隼鷹」は外洋航行ができず、引き揚げ任務の特別輸送艦に指定されなかった。
  • 本級は外洋航行時の凌波性を高めるためにフォルバン級よりも水面部から甲板の位置を高めて設計されている。
  • したがって直線的な航路が多い船舶では効率が悪く、外洋航行には基本的に適していない。
  • しかしながら鎖国政策の為、外洋航行の必要は無く、内海・沿岸航海用に改良がされた。
  • 次へ »