外洋航海

53 の用例 (0.00 秒)
  • 本級は外洋航海を可能とする設計がなされた最初のアメリカ海軍戦艦であった。
  • 徳川幕府が鎖国を定めたために失われたのが、外洋航海の術なのだ。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 本級の設計は外洋航海を行うには舷側が低すぎたため、主に沿岸防備に運用された。
  • その後、石炭輸送に復帰した宗谷丸の外洋航海中に訓練を行なうようになった。
  • 船の破損がひどく、外洋航海可能な船を建造できる船大工も、島にはいなかった。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ10 ダイロンの聖少女』より引用
  • ロシアでは外洋航海に適した最初の装甲艦のひとつで、ロシア艦隊の外国訪問の際にはしばしば旗艦を務めた。
  • 艦幅が狭く、外洋航海にはあまり向いていなかったが、整備完成後は主に同方面の対潜護衛任務や輸送任務に従事した。
  • 長い外洋航海にも耐えられるように荷物や人を積むことができ、かつ速度や敏捷性も維持して戦闘用にも輸送用にも使えるようになっていた。
  • 無謀な自殺行為ではないかと思っていたバンカによる外洋航海だが、意外に簡単にここまで来れた。 足立倫行『アジア海道紀行』より引用
  • 外洋航海がさかんになった16世紀以降において、航海中の自分の船の位置を知ることは安全な航海において重要になった。
  • しかしながら、事実上全ての外洋航海船は、空荷で移動される時はある程度バラストされる必要があり、そのためワラタはこの点では確かに唯一ではなかった。
  • 海賊禁圧や密貿易防止を目的とし、海外貿易等の外洋航海のほか時には沿岸漁業や沿岸貿易も規制された。
  • こういった船体は凌波性が悪く外洋航海能力が無い。
  • 外洋航海性能向上のため、最上甲板は艦首が高くなっており、ブリッジ付近まで緩やかな坂をなす。
  • 例えば、敵対する国同士での関税障壁や、外洋航海技術が確立されていない段階での大陸間交易などである。
  • 他の外洋航海できるバルト海に残された船を移動させるアドバイスを提供し、激しい口論の末、結果的にペキン作戦として採用された。
  • 従って艦橋構造物は飛行甲板上にはなく、外洋航海に支障をきたさない飛行甲板最前部直下に設置されていた。
  • 一級と二級の差は、外洋航海が許されるか否かのみ。
  • カヌーと呼ばれる船舶の中では例外的に大型であり、数名から二十名近い乗員を乗せて、一週間から一か月強の外洋航海をこなす帆走カヌーである。
  • ジムは一度、この男を私に指さして、彼は小規模だが立派な貿易商で、土地でできた小型のものだが外洋航海できる船ももっており、『あのアリの矢来を占領の時、最高の功績を立てた人です』と言ったことがあった。 コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(下)』より引用
  • 次へ »