外洋海軍

22 の用例 (0.00 秒)
  • こうした本級の復帰の動きには、近年急激に外洋海軍化しつつある中国人民解放軍海軍への警戒感が背景にあるとされている。
  • 実質的には外洋海軍としての能力を有し、対潜水艦戦や対機雷戦では世界最高水準の能力を有する。
  • ここでの役割は外洋海軍的海軍部隊を指揮することではなく、河川や港湾および沿岸域などで活動する沿岸海軍的部隊をもって陸軍部隊を支援することにあった。
  • マハンは艦隊決戦の重要性を認識していたために大型艦を中心とする艦隊を主張し、アメリカ海軍の艦隊は積極的に海外に派遣する外洋海軍としての能力が期待された。
  • 逆にアメリカ合衆国をはじめとする外洋海軍では外洋航行能力の低いミサイル艇の需要は少ない。
  • イギリス海軍はアメリカ海軍やフランス海軍、日本の海上自衛隊と肩を並べる世界的な展開能力を持つ外洋海軍の1つに数えられる。
  • 外洋海軍は、海軍の性能を示す一種の区分である。
  • 運用者は主に外洋海軍であり、全世界に植民地を抱える英海軍や、広大な太平洋を作戦海域とする日米海軍などが数多く保有した。
  • ミサイル艇は初期にはアメリカ海軍のような外洋海軍でも配備されたが、近年では中小国や、地理的な状況から沿岸海域での行動能力が重要視される国などで配備され、外洋での活動を重視する海軍では数を減らしてきている。
  • 先駆的な大量建艦の経験を得られた半面、アメリカ海軍の外洋海軍としての発展を阻害する弊害も生んだ。
  • 外洋海軍とは、自国の沿岸に留まらず、世界の各海域で広域的かつ長期的に艦隊を運用し、作戦を展開できる能力を有する海軍を指す。
  • 中国海軍は、従来、沿岸海軍であったが、第二列島線まで進出することは即ち、外洋海軍への変革を目指していると考えられ、その動向が注目されている。
  • イタリア海軍の新戦艦も反り返りは弱かったが、これは地勢的に地中海内で活動するのに凌波性は重要視されなかったためで、外洋海軍であるイギリス海軍とは運用条件が異なる。
  • 艦隊を世界各海域で運用することができ、かつ寄港することなしに洋上補給等により作戦を長期継続的に展開できることが外洋海軍の最低限の要件である。
  • しかし、それらの拠点から遠距離に展開している外洋海軍においては、展開地域近傍に造修施設を持たない場合があり、整備頻度の減少や整備された施設への帰投時間のロスが問題になる。
  • 合衆国海軍、王立海軍、フランス海軍については、完成度の高い外洋海軍といえるが、中国人民解放軍海軍は外洋海軍としては発展途上であり、大韓民国海軍などは装備自体は外洋海軍になりつつあるが、その海軍の本質的な戦略目標や海軍の運用能力から地域海軍の域を出ない。
  • これらの任務に加えて、外洋海軍としての方向性を打ち出すことを目的とした「海軍増強近代化11カ年計画」を発表し、海軍の改革に努めている。
  • なお、海上自衛隊は有事の際、世界の公海上に存在するシーレーンの防衛が可能な装備・運用能力を保有するため外洋海軍としての性能を備えているものの、国内法の制約上平時は地域海軍としての原則的任務を遂行する運用がおこなわれている。
  • 舷側部は客船のように艦首から艦尾まで上下2列の舷窓が並び、同時期のフランス海軍の巡洋艦と同じく海外に植民地を持つ外洋海軍ならではの高温多湿の海外任務で乗員が健康を損ねないように設計されている事が伺える。
  • 舷側部は客船のように艦首から艦尾まで上下2列の舷窓が立ち並び、同時期のフランス海軍の巡洋艦と同じく海外に植民地を持つ外洋海軍ならではの高温多湿の海外任務で乗員が健康を損ねないように設計されている事が伺える。
  • 次へ »