外洋性

64 の用例 (0.00 秒)
  • 小さく、外洋性で人との遭遇が少ないため、危険だとは考えられていない。
  • 外洋性のサメで、普段は海表面近くをゆっくりとしたスピードで遊泳する。
  • 小型で外洋性であるため、ほとんどの漁業において漁獲されることはない。
  • 全世界の熱帯の外洋域で見られ、最も個体数の多い外洋性サメの一つである。
  • 外洋性であるが深さのある海域では沿岸部に寄る事もある。
  • その大きさと歯の形から、潜在的に危険だと考えられているが、外洋性であるため人と接触することは少ない。
  • ほとんどの外洋性魚類のように、繁殖様式はよく分かっていない。
  • 食性に関してはあまり分かっていないが、外洋性の硬骨魚類や頭足類などを捕食すると考えられている。
  • 日本産のスジエビ属としては比較的外洋性が強く、内湾や汽水域では少ない。
  • インド太平洋暖海域に分布する小型・外洋性のカジキである。
  • 外洋性の海岸に見られることが多い。
  • この時期に枝分かれした外洋性の子孫がシーラカンスである。
  • 大きさと歯の形状から、人に対して潜在的に危険だと考えられるが、外洋性のため遭遇する機会は少ない。
  • 外洋性で台風や風が強い時に集団で押し寄せてくることがあり、そのために海水浴客が被害を受ける場合があるので、注意しなければならない。
  • 沿岸性のものではホホジロザメ・イタチザメ・オオメジロザメが人間に危険とされているが、外洋性の種ではヨゴレは最も危険なサメのひとつである。
  • これはこの種が外洋性であり、ポリプの付着する基盤がない環境にいるための適応と考えられる。
  • 暖海・外洋性の大型肉食魚で、1種のみでカツオ属 を構成する。
  • オガワコマッコウは外洋性であるが、コマッコウよりは若干沿岸側に棲息する。
  • 通常の環境に生息する生物でも、外洋性の放散虫類を初めとして、従属栄養性の原生生物の大部分は安定な培養手段が知られていない。
  • 外洋性のホオジロザメやアオザメなどは三日月型をしている。
  • 次へ »