外洋域

25 の用例 (0.00 秒)
  • 同じくらいの大きさの個体同士で群れを作り、外洋域を高速で回遊する。
  • 全世界の熱帯の外洋域で見られ、最も個体数の多い外洋性サメの一つである。
  • 外洋域におけるバイオマスは大きく、海洋の一次生産者として重要である。
  • 沿岸域・外洋域の両方に出現する。
  • オタマボヤ綱は、世界中の海の外洋域に住む尾索動物である。
  • 遊走細胞も沿岸域に多いが、外洋域でのプランクトンネット採集から得られる場合もある。
  • これらの記録から外洋域に生息すると推測されるが、網が曳かれた海底付近に生息するのか、網を引き上げる途中で通過する中層に生息するのかは不明である。
  • 全世界の温暖な外洋域に分布し、表層・中層を単独で遊泳する。
  • 外洋域に浮遊するものがほとんどである。
  • 外洋域の中層に生息し、群れをなして広範囲を回遊する。
  • また、外洋域での戦闘を遂行するため、設計に無理を重ねることとなり、発注者はアルゼンチンのみであった。
  • ホタルイカモドキ科はホタルイカをはじめとして世界の温熱帯外洋域で4属39種が認められ、さらに未記載種の存在が示唆されている。
  • 砂浜や岩海岸などの沿岸性環境や、河口などの汽水域にも進入するが、周期的に沿岸を離れ、外洋域へと回遊する。
  • 外洋表層性の海水魚は水深200mまでの外洋域で生活するものを指し、その多くが広範で世界的な分布域をもつが、比較的沿岸寄りに暮らす種類は限局的な分布を示す場合もある。
  • 高い飛翔能力をもち、外洋域で生活する。
  • オオウナギは、繁殖の際に川を下り、外洋域の深海で産卵する。
  • 氷期に乾燥化や風が強くなったりすることで陸域から外洋域への金属イオンの供給が増加し、赤道などので生物生産量が増加して、大気中の二酸化炭素を大量に取り込み、寒冷化を促進させる正のフィードバックが発生したというのが生物ポンプ仮説であり、この実証のための研究が現在進められている。
  • 従来、産卵場所はフィリピン海溝付近の海域とされたが、外洋域の深海ということもあり長年にわたる謎であった。
  • 稀に、数km沖合の外洋域で見られることがある。
  • 世界中の熱帯・温帯の海に広く分布し、外洋域の水深500 mまでの表層・中層に生息する。
  • 次へ »