外洋に面し

60 の用例 (0.01 秒)
  • 仙台湾は、外洋に面した形状であるため、うねりが直接入って波が大きい。
  • 外洋に面した海岸はほとんどが急峻な崖や転石海岸となっている。
  • そのまま作業に戻る気にはなれず、外洋に面した海岸に向けて無意識に歩き出していた。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 外洋に面した岩礁海岸の、水面下から水深20mくらいまでに生息する。
  • 西側の外洋に面した地域では海食崖がよく発達する。
  • 原釜海水浴場は牛鼻毛の北側に外洋に面して遠浅の浜を伸ばしている。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 日本のほぼ全域の、外洋に面した海岸の潮間帯によく見られる。
  • 内陸国であり外洋に面した港を持っていない。
  • 外洋に面した水のきれいな岩礁海岸に生息する。
  • 南日本から台湾までの熱帯・亜熱帯域に分布し、外洋に面した磯の潮間帯上部に生息する。
  • 外洋に面した沿岸部や島嶼周辺に生息する。
  • 外洋に面した潮間帯から水深20mくらいまでの岩礁域に生息する。
  • 外洋に面した水のきれいな沿岸域を好む。
  • 内湾ではやや少ないが、外洋に面した海岸ではよく見られ、死殻も海岸に多く打ち上げられる。
  • 外洋に面した側には、コトル湾への主要出入り口を守るヘルツェグ・ノヴィ湾がある。
  • 土佐湾の中央部に位置し、主に浦戸湾内と、外洋に面した高知新港に施設がある。
  • また、外洋に面しているため風が強い日が多く、特に冬は「西ん風」と呼ばれる強い西風が毎日のように吹く。
  • 外洋に面した海岸に生息するハマシイノミガイやカシノメガイなどは掲載されていないが、各都道府県が独自に作成したレッドリストで掲載されている場合がある。
  • 外洋に面した岩礁海岸の満潮線付近に生息し、海岸動物としては帯状分布の範囲がかなり高所で狭い。
  • 熱帯の外洋に面した海岸によく発達する。
  • 次へ »

外洋に面し の使われ方