外洋での凌波性

21 の用例 (0.00 秒)
  • 基本的に高い乾舷を持つ平甲板型船体で外洋での凌波性は良好であった。
  • 船体形状は乾舷の高い長船首楼型船体で外洋での凌波性は良好であった。
  • 基本的に高い乾舷を持つ長船首楼型船体で外洋での凌波性は良好であった。
  • 本級の船体は平甲板型船体で外洋での凌波性の良好なクリッパー・バウ式艦首を持っていた。
  • 基本的に高い乾舷を持つ船体は外洋での凌波性は良好であった。
  • 基本的に高い乾舷を持つ長船首楼型船体で、外洋での凌波性は良好であった。
  • 本級の船体形状は乾舷の高い長船首楼型船体で外洋での凌波性は良好であった。
  • 本艦の船体形状は乾舷の高い短船首楼型船体で外洋での凌波性は良好であった。
  • 船体形状は前型と同じく高い乾舷を持つ長船首楼型船体で外洋での凌波性は良好であった。
  • また、イタリア海軍が主に行動する海域は地中海であるために外洋での凌波性や航続性能は他国に比べ低いものでも良いとされ、その分のリソースを防御性能や居住性に充てたために、他国の同排水量の艦に比べて後の時代になるほど攻防能力が高くなっている。
  • 船体形状は外洋での凌波性を良くするために艦首のみ乾舷の高い短船首楼型船体では良好であった。
  • 本級の船体は艦首乾舷の高い長船首楼型船体で外洋での凌波性の良好なクリッパー・バウ式艦首を持っていた。
  • 本級の船体形状は乾舷の高い長船首楼型船体で、世界各地に植民地を警備するイギリス海軍の巡洋艦の常として外洋での凌波性は良好であった。
  • 本級の船体は艦首乾舷の高い短船首楼型船体で外洋での凌波性の良好なクリッパー式艦首を持っていた。
  • 本艦の船体形状は高い乾舷を持つ短船首楼型船体であり、外洋での凌波性は良好であった。
  • 本級の船体は艦首乾舷の高い短単船首楼型船体で外洋での凌波性の良好なクリッパー・バウ式艦首を持っていた。
  • 船体形状は外洋での航海性能を良くするため高い乾舷を持つ長船首楼型船体で外洋での凌波性は良好であった。
  • 本艦の船体形状は、今までのイギリス戦艦にない高い乾舷を持つ長船首楼型船体であり、外洋での凌波性は良好であった。
  • 本級の船体形状は、前艦に引き続き高い乾舷を持つ長船首楼型船体であり、外洋での凌波性は良好であった。
  • 本艦の船体形状は船体中央部までを占める高い乾舷を持つ長船首楼型船体であり、外洋での凌波性は良好であった。