外周路

8 の用例 (0.00 秒)
  • 皇居ランニングは、皇居の外周路を利用したランニングのことである。
  • 複数の街区を道路で囲む「近隣住区論」に基づく設計思想が見られ、居住者以外の無用な通り抜け交通を防ぐ外周路の配置や、徒歩圏内で生活を賄う意図によって構造的に周辺地域と分離されている。
  • 本館前と外周路を合わせて120本以上あり、成蹊だけではなく武蔵野市のシンボルとしても親しまれている。
  • 東京のどのエリアからもアクセスが良くオフィス街からも近い皇居外周路は、ランニング人口の増加とともに日本で最も有名なランニングスポットとなっており、多い日には1万人を越える人が走っている。
  • 後年、1街区の団地外周路に沿って戸建ての住宅が開発されているが、これらは藤の台団地とは無関係である。
  • 第1シケインを抜けてヴィクトリア公園の外周路へ抜ける。
  • その上、起伏が激しい藤の台団地では外周路に多くの法面が設けられ、また一部が都市計画道路の予定地に接するなど、外周路を生活道路として共有する住宅開発が他の団地に比べて成され難い状況が続いており、これが建設当初からの景色を比較的に保ち、藤の台団地にコミュニティとしての一体感を醸成する一因となっている。
  • ステージセットは「ドリームソーサー」と呼ばれ、センターステージと直径80メートルの外周路、アーチからなる。