外周監視

13 の用例 (0.00 秒)
  • 通信パネルに映る外周監視映像は、右から左にゆっくり流れる夕焼けの海だ。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 07 黒いユニコーン』より引用
  • 壁に設置された通信パネルの前でいきなり立ち止まり、外周監視映像を呼び出す。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』より引用
  • 戦闘に応じて艦橋構造部は船体に収納されていたが、窓のモニターは外周監視カメラを通して変わらず外の風景を映し出している。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 腹を立てる間も惜しく、ブライトは外周監視カメラが送って寄越す映像に戦況を再確認した。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 07 黒いユニコーン』より引用
  • 赤い燐光の筋が視界の端をよぎり、ミネバは外周監視映像を映すモニターを凝視した。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 10 虹の彼方に(下)』より引用
  • 単独で外周監視任務について十二時間あまり、暇潰しに持ち込んだ音楽ディスクもひと通り聞き終え、集中力が低下している自覚もあった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 02 ユニコーンの日(下)』より引用
  • ソファを立ち、執務机の背後にあるモニターパネルを外周監視映像に切り替える。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 07 黒いユニコーン』より引用
  • 露天甲板上にいた二機の新型機が、外周監視映像を映し出すモニターにスラスター光を焼きつける。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 10 虹の彼方に(下)』より引用
  • 外周監視用のスカウト・カメラボールを収容し、残骸から一時離脱しようとしていた<<ネェル・アーガマ>>にとって、それは青天の霹靂へきれきと呼ぶべき事態だった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 03 赤い彗星』より引用
  • この時は〈ソレイユ〉の外周監視カメラが捉えた映像が映し出されており、高度二千メートルから見下ろすイングレッサ領の山岳地帯の風景が、窓ガラス越しに見るのと同じ精細さでスクリーンを飾っていた。 福井晴敏『∀ガンダム(上)』より引用
  • 続いた言葉通り、〈カプル〉に手を引かれるようにして接近する〈ターンA〉の姿が、外周監視カメラに捕捉された。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 唯一の救いは各ブロックごとに外周監視用モニターが設置されている点で、舷窓さながら外の風景を伝える三十センチ四方のモニターには、紺碧こんぺきの空と気流の白い筋、雲間からのぞく南アメリア大陸の大地が同時に映し出されている。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 声の主、<<ギラ・ズール>>のコクピットに収まったパイロットのサボアは、これからまる一日、太陽電池パネルの裏に潜み、〈インダストリアル7〉の外周監視を行うのが仕事になる。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 01 ユニコーンの日(上)』より引用