外周壁

11 の用例 (0.00 秒)
  • 南の公園入り口から入ると左手の外周壁の外側に長方形の建物がある。
  • 塔門は外周壁の各四辺の中央部分にある。
  • 外周壁の塔門をくぐり75mの参道を進むと、第一周壁とその塔門に着く。
  • 壁はラビアンコトと呼ばれ、特徴は外周壁に類似している。
  • 中央祀堂の西側外、内周壁と外周壁の間には、大きさの同じ2棟の砂岩製の建築物があり、経蔵と呼ばれている。
  • 庭園の外周壁に取り付けられたものを除いて、ほとんどのガゼボは自立した建築物で、屋根があり、柱があるだけで外の空間に開けており、平面から見れば八角形のものが多い。
  • 外周壁で囲まれた土地に、さらに一辺35mの正方形の内周壁が築かれ、これにも四隅の塔が造られていた。
  • 四隅に大きな塔を持ち、その間を厚さ3mの壁で囲った方形の城で、4辺の外周壁の中間には小さめの塔も建てられていた。
  • 外周壁はラテライトで築かれ、東西南北に塔門を備える。
  • その年、休戦協定が結ばれルクセンブルクは徐々にフランスに取り込まれつつあり、この時代にルクセンブルク市街地の外周壁は建設された。
  • 高さ6mの外周壁に囲まれたバンテアイ・サムレは、インドシナ半島の古代民族サムレにちなんで名づけられ、「サムレ族の砦」の意をもつ。