外務省職員

17 の用例 (0.00 秒)
  • 議員以外にも、外国から帰国した外務省職員などが一時的に居住する場合もある。
  • 当時外務省職員で天津領事として赴任する原敬に同行しての旅程であった。
  • 現在の日本では慣例的に外務省職員からの任命が多くを占めているが、他省庁の職員が退官後に各国の大使に任命される例も多い。
  • 他に外務省職員が中国残留孤児二世の男性に中国での諜報活動を依頼し、中国当局に逮捕されるという事件が発生している。
  • 父親が首相在任中外遊時の通訳を担当した外務省職員で、それがきっかけで交際が始まったという。
  • 過去にあった労組は外務省職員組合で、連合・全労連いずれにも属さない中立系の組合であった。
  • 例えば、外務省職員の事務官は、「外務事務官」を官名とする。
  • コード名だけのエージェントのなかには、マスコミ関係者や大学教授、財界の実力者、外務省職員や内閣情報調査室関係者などが含まれていた。
  • また1971年には、新聞記者が外務省職員を籠絡した上で同省の機密資料を持ち出した事件が発生している。
  • しかし外務省医務官は外務省職員および在外日本人にしか医療を提供してはならないルールがあり、目の前の現状と自分の理想とのギャップにを前に煩悶した。
  • 邦人保護担当特別領事として外務省職員の黒田は協力を申し出る。
  • また皇太子徳仁親王妃雅子が外務省職員時代に留学している。
  • また、外務省職員としての地位は派遣国によって異なり、1佐の場合、参事官又は1等書記官となる。
  • 大学で習得したコミュニケーションスキルを活かし、フランスの外務省職員として赴任した。
  • 両親がともに日中友好のために力を尽くしたことから、中国とは国交回復以前から太いパイプがあり、当時の田中角榮首相、大平正芳外相ら政府要人や外務省職員に中国情勢をレクチャー。
  • この会談は三木とフォードが通訳を同行しただけの事実上差しの会談となり、日本の外務省も事前に知らされず、日本側の通訳も外務省職員ではなく、三木の側近であった國弘正雄が務めた。
  • 外務省職員にとって大使ポストは出世のキャリアに組み込まれているが、とりわけ外務省においては事務次官をつとめた後、主要国首脳会議参加国や近隣の大国の大使に転出する慣例が続いてきた。