外務省本省

13 の用例 (0.00 秒)
  • ドイツ軍のパリ入城直前、イギリスに帰国し、外務省本省で活動を再開した。
  • 但し、特別の必要がある場合には、外務省本省の事務に従事させることができる。
  • 南京における日本軍の暴虐行為を外務省本省に報告した。
  • 但し、特別の必要がある場合には、外務省本省の事務に臨時に従事させることができ、この制度を利用して、2014年9月現在以下の担当大使が置かれている。
  • 帰国後、外務省本省でスカンジナビア諸国を担当し、次いで大臣官房に入る。
  • 外務省本省では中国課首席事務官、安全保障政策室室長、西欧第二課課長などを歴任した。
  • 外務省本省でヨーロッパ諸国を担当したほか、ギリシャ、キプロスの在外公館で勤務する。
  • 近年は日米交渉の研究に取り組んでおり、太平洋戦争開戦時の宣戦布告の遅延問題について、革新派外交官らを中心として、外務省本省が宣戦布告を通知しない形での開戦という方式を意図していた可能性を提示した。
  • 前者出身の外交官を俗に「キャリア外交官」と呼称し、外務省本省の多くの幹部職や、主としていわゆる大国に駐在する大使等はほとんどこちらから任命される。
  • その後1951年9月にはサンフランシスコ対日講和会議のカナダ代表主席随員を務め、その後カナダ外務省本省に戻る。
  • なお同室は在外公館警備の他、外務省本省及び在外公館の防諜についても管掌している。
  • タファリはヨーロッパからの帰国の際に帰路のエジプトのポートサイドにて駐ポートサイド日本領事館副領事、黒木時次郎と会見し、黒木はそのままエチオピアの首都アディスアベバを訪問、東京の外務省本省に日本とエチオピアの経済関係樹立の必要性を報告した後、1926年に再びエチオピアを訪問している。
  • 外務省本省勤務の他、アフガニスタン、アメリカ合衆国、フィリピンなどの在外公館で勤務する。