外務省大臣官房

9 の用例 (0.00 秒)
  • また、狙われた外務省大臣官房審議官は天皇皇后のASEAN諸国歴訪とは何の関係がないことが判明し、二重の意味で誤爆であった。
  • 元千葉工業大学講師宅の隣の家屋には長男で堤功一外務省大臣官房審議官が住んでいた。
  • 帰国後は外務省大臣官房総務課法令班に所属した。
  • 外務省大臣官房長、内閣官房副長官補、在エジプト特命全権大使等を務めた。
  • そのため、元千葉工業大学講師宅事件は実は隣の堤功一外務省大臣官房審議官を狙った誤爆であった。
  • さらに外務省大臣官房人事課総務班は、「外交官パスポートに記載されている職位とローカルランクは必ず一致するものであり、外交官パスポートを元に赴任国の外務省は各国大使館員に職位を記載した身分証を発行するのが通例」としている。
  • むつ小川原開発社長、経団連専務理事を経て、経団連出身者として初の特命全権大使や、民間人初の外務省大臣官房文化交流部長を務めた。
  • 外務省大臣官房長、駐中華人民共和国特命全権大使などを務めた。
  • 外務省大臣官房長、内閣官房副長官補、外務事務次官、外務省顧問などを歴任した。