外務省国際

16 の用例 (0.00 秒)
  • 情報の語義は、外務省国際情報統括官組織や防衛省情報本部などの情報機関で、現在でも用いられている。
  • タイ外務省国際機構局は国際機構を通じて、国際協力の構築、タイと周辺地域の安全保障に関する業務を所管する。
  • 元外務省国際協力局第一課庄司宏事務官である。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • つづいて、外務省国際協力局勤務の庄司宏、同じく欧米局勤務の日暮伸則、同じく経済局勤務の高毛礼茂の官吏たちが逮捕されたのだが、これとても別に重大な情報活動内容が確認されたわけではない。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • 在インド大使館一等書記官、外務省国際連合局経済課長を経験し、経済協力などに精通している。
  • 原子核物理学者で反原発活動家の水戸巌が初代事務局長に、外務省国際協力局職員としてラストヴォロフ事件で逮捕された経験を持ち、のち弁護士に転じた庄司宏が代表弁護士に就任している。
  • 検察は派遣予定だった医師、JICA職員、外務省アフリカ第2課長、外務省国際緊急援助室長の証言から、鈴木が国際緊急援助隊派遣に中止要請をした事実を提示した。
  • 外務省国際情報局分析第二課石塚英樹が彼を訪問、「中国政府の内部文書がほしい」と持ちかけ、「あなたこそ日本の誇りだ」などおだててスパイに仕立て上げた。
  • 主な情報機関として、警察庁警備局、外務省国際情報統括官組織、防衛省情報本部、公安調査庁、海上保安庁警備救難部などが挙げられる。
  • また、外務省国際情報統括官組織、防衛省情報本部、公安調査庁、海上保安庁警備救難部にも警察官僚が出向している。
  • 外務省アジア局北東アジア課長、外務大臣官房審議官、1994年外務省国際情報局長などを経て、国際協力事業団理事を務めたのち、2002年から2006年まで、ドイツ駐箚特命全権大使を務めた。
  • また、2007年に第1次安倍内閣で外務省国際法局長として懇談会の立案実務に携わっていた小松一郎駐仏大使が、2013年8月、内閣法制局長官に就任した。
  • 外務省国際連合局長や、EC大使、国連大使を務めた。
  • 外務省国際情報局長を経て、駐サウジアラビア特命全権大使、駐マレーシア特命全権大使等を務めた。
  • ウズベキスタン駐箚特命全権大使、外務省国際情報局局長、イラン駐箚特命全権大使、防衛大学校人文社会科学群学群長、筑波大学国際総合学類非常勤講師などを歴任した。
  • その後、ウズベキスタン駐箚特命全権大使、外務省国際情報局局長、イラン駐箚特命全権大使など要職を歴任した。