外務省アジア

23 の用例 (0.00 秒)
  • 大洋州課は、日本の外務省アジア大洋州局の内部部局の一つ。
  • 核実験を行ったインドやパキスタンと距離を置いていた時期もあったが、近年、両国との関係が重視されるようになり、2006年に外務省アジア大洋州局に南部アジア部を新設した。
  • 日本は被爆国であるため、核実験を行ったインドやパキスタンと距離を置いていた時期もあったが、近年、両国との関係が重視されるようになり、2006年に外務省アジア大洋州局に南部アジア部を新設した。
  • 外務省アジア局の北東アジア課課員だった城内実が文部科学省に働きかけたセンター試験外国語科目への韓国語導入に、当時官房長官の立場で関与したとされる。
  • 足をすくわれた格好になった日本政府は対応に苦慮したが、最終的に10月下旬にピョンヤンに外務省アジア大洋州局長を派遣することを決定した。
  • そして二月五日、その事件を知った彼のエージェントの一人、外務省アジア局勤務のA外務事務官が「昭和二十六年以来ラストボロフに対し、約四十回にわたって日本の再軍備や米軍関係情報を提供していたソ連のスパイである」と自供した。 佐々淳行『謎の独裁者・金正日 テポドン・諜報・テロ・拉致』より引用
  • これに対し阿南惟茂・外務省アジア局長は関係者の追跡調査の結果、拉致はほぼ事実であると答弁した。 佐々淳行『謎の独裁者・金正日 テポドン・諜報・テロ・拉致』より引用
  • 樺太における日露国境画定のためにロシアに派遣された箱館奉行小出秀実と目付石川利政はロシア外務省アジア局長ストレモウホフとの間で交渉を行った。
  • 中央アジアへの進出を意図していたロシア政府はワリハーノフの業績に着目し、1860年から1861年にかけてサンクトペテルブルクの参謀本部と外務省アジア局に勤務する。
  • 到着後にロシア外務省アジア局に出頭し、橘耕斎と合流、ペテルブルグ大学東洋語学部長で中国学者ワシーリエフ教授下でロシア語を学ぶが、留学先で初めてロシアが後進国であることを知る。
  • 鈴木貞一の戦後の回想によると、永田鉄山軍事課長と谷正之外務省アジア局長らが「満州問題解決に関する覚書」を作成し、武力行使を含めあらゆる手段をもってやることが書かれていたという。
  • その後、外務省アジア太平洋局上級参事官を経て、2008年11月に特命全権大使として再び日本に派遣された。
  • その後、9月上旬に平壌で一部マスコミの取材に応えていたのを最後に同月、朝鮮総連幹部、日朝国交促進国民協会メンバー等が訪朝した時、応対するはずの宋大使の姿はなく、代わりに金哲虎外務省アジア局副局長、李炳徳外務省日本担当研究員が応対するなど日本側が接触を試みても連絡がない状態が続いた。
  • 帰国後、ロシア外務省アジア局に入り、1852年からエフィム・プチャーチン海軍中将率いる日本派遣使節団に中国語通訳として加わった。
  • 朝鮮民主主義人民共和国の鄭泰和大使、朴龍淵外務省アジア局副局長らと交渉を行った。
  • 外務省アジア局北東アジア課長、外務大臣官房審議官、1994年外務省国際情報局長などを経て、国際協力事業団理事を務めたのち、2002年から2006年まで、ドイツ駐箚特命全権大使を務めた。
  • ロシア皇帝アレクサンドル2世に謁見後、ロシア全権の外務省アジア局長ストレモウホフと慶応3年1月2日から2月7日まで8回の交渉を行うが不調に終わり、日露間樺太島仮規則に調印した。
  • 榎本とスツレモーホフロシア外務省アジア局長、アレクサンドル・ゴルチャコフロシア外相との間で交渉が進められ、その結果、樺太での日本の権益を放棄する代わりに、得撫島以北の千島18島をロシアが日本に譲渡すること、および、両国資産の買取、漁業権承認などを取り決めた樺太・千島交換条約を締結した。
  • 外務省アジア大洋州局南東アジア第二課調整官、同局大洋州課地域調整官を経て、2004年3月メダン総領事、2007年6月外務省官房調査官を経て、2010年から2014年まで、パプアニューギニア駐箚特命全権大使を務めた。
  • 外務省アジア大洋州局長、インド駐箚特命全権大使、外務審議官を経て、2013年6月に外務事務次官に就任した。
  • 次へ »