外務省の役人

13 の用例 (0.00 秒)
  • あのとき外務省の役人から聞いた言葉で門田氏の死亡を信じていたのだ。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • 身だしなみのいいスマートな外務省の役人は、にこりともせずに答えた。 星新一『おみそれ社会』より引用
  • 外務省の役人は、国際会議から帰ってくる代表をやはり出迎えに来ているものとみえた。 松本清張『球形の荒野 新装版(上)』より引用
  • 外務省の役人の一団は、この先輩を迎えて挨拶していた。 松本清張『球形の荒野 新装版(上)』より引用
  • ぼくの父は外務省の役人だから、この話はまちがいはない。 郷静子『れくいえむ』より引用
  • 外務省の役人が同僚のことを言ったのである。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • 氏は外務省の役人だし、課長という中堅官僚の身分からいって、Mホテルに泊まる可能性が多い。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • 桃世自身も外務省の役人で、なにかの密命をおびて木野塚探偵事務所に潜入しているのか。 樋口有介『木野塚探偵事務所だ』より引用
  • その後、正教の洗礼を受け、ロシア外務省の役人になった。
  • 支局が出ると、添田は、面倒なことを頼む、と前置きして、佐賀市に住んでいた門田源一郎という元外務省の役人が、現在どうしてるかを調べてくれ、と言った。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • つまり、門田氏は終戦後外地から引き揚げると、外務省の役人をめ、実兄夫婦のところに下宿していたわけであります。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • 地球人類に直せば二十代半ばから後半、少々たれ目気味のおっとりした美人がそういうと、広い紫檀したんの机を挟んだ向こう側にいる外務省の役人たちは冷や汗を拭きつつ、「ええ、まあ、はい」とか、どうとでも取れる曖昧あいまいな返事をした。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第02巻』より引用
  • 恵は武藤と同じ要領で、火曜日に精機メーカーの重役である川上信彦、水曜日に大手出版社勤務の大杉修、木曜日にベンチャー企業の社長である岸川正典、金曜日に外務省の役人である仲真一郎と契約を結んだ。