外務省に入り

20 の用例 (0.00 秒)
  • 芦田は東京帝国大学を卒業後、1912年に外務省に入り外交官となった。
  • 外務省に入り、イギリス公使館やロシア公使館で書記官として勤務した。
  • このため、外科医として将来を断念せざるを得ず、外務省に入って外交官となることになった。
  • 卒業後は外務省に入るが半年で徴兵され、5年間近衛師団で過ごし陸軍中尉となった。
  • 「外務省というのは何をするところか」という根本の議論がなされないまま、外務省に入った職員全体の利益のために皆が動く、ということになっている。 養老孟司『バカの壁』より引用
  • ソ連外務省に入り、職業外交官として活躍する。
  • 帝政ロシアの外務省に入り、パリのロシア大使館に勤務した。
  • 菊次郎は明治十七年、すでに外務省に入っていた。 阿井景子『西郷家の女たち』より引用
  • 東京府理事官を経て外務省に入り、マニラ総領事、住友本社嘱託などを務めた。
  • 旧制下妻中学校から東京商科大学に進学し、1925年に卒業すると外務省に入る。
  • 大学に進み、その後は外務省に入った。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』より引用
  • 外務省に入り1877年にパリ駐在の大使館員となった。
  • 山座は福岡県出身、東大法科を出て外務省に入り、小村寿太郎に可愛がられた。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 十四日オーストリア駐在の大野公使から外務省に入った公電によると、イタリアが候補地としてヴェニスをあげているほかはほとんど大部分の代表が東京案を支援する方向に傾いているため日本側さえ承諾すれば実現はまずまちがいないとのこと。 巖谷大四『懐しき文士たち 戦後篇』より引用
  • 叔父は、学生時代から、たびたび奈良の古寺や大和路やまとじを歩いていたが、外務省に入ってからも、それは欠かさなかった。 松本清張『球形の荒野 新装版(上)』より引用
  • 東大法科を経て外務省に入り、アメリカ大使を経て西園寺内閣の外相となり、以後一九三六年死亡するまでに五度外相を勤めた。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 公一本人も東大から外務省に入り、現在外務審議官とかいう役職に就いている。 樋口有介『木野塚探偵事務所だ』より引用
  • 妹さんは姉・悌子と聖心女子大の仲好しの同級生であり、弟・千之氏は私の東大同期で、外務省に入った千之氏とはつきあいがあった。 佐々淳行『連合赤軍「あさま山荘」事件』より引用
  • 東京帝大卒業後の1906年、吉田と同期で外務省に入る。
  • 外務省に入り大使館書記生として英国で学び、帰国後の1881年内務省に入省した。