外務

全て 名詞
3,022 の用例 (0.01 秒)
  • 隣のテーブルで外務大臣が国王の叔父おじのお相手をしてビールを飲んでいた。 ドーデ/大久保和郎訳『月曜物語』より引用
  • この時期に、早くも松岡を外務大臣にという声が出ていたのであろうか。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 七階では新しく外務員になる女性たちのための新人講習が行われていた。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 外務大臣のいうことも、私は連合軍側には十分伝えてきたつもりです。 木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』より引用
  • 大橋という外務員はなんでもないという調子で、おれの注文を復唱する。 石田衣良『波のうえの魔術師』より引用
  • エチオピア占領と同時に宣伝相になり、翌三六年には外務大臣に就任した。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • しかし外務卿は行政長官ではあったが国務大臣では無いというのだ。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • ・・・・・・皇帝に速やかに外務に通じ著名な重臣を選抜するよう請う。
  • このころ既に近衛は、外務大臣として松岡洋右を予定していたのである。 五味川純平『御前会議』より引用
  • 非条約マフィアで経済畑が長く、外務審議官を経て事務次官に就任した。
  • おふくろが外務員をしていた関係で、兄貴はうちの保険に入っていた。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 彼女は、今では保険の外務員をしていたことさえ忘れたいと思っている様子だった。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 第2次大隈内閣で外務大臣を務め、国際連盟設立期には日本代表を務めた。
  • 外務委員会において出席を求められる主な国務大臣等は、以下の通り。
  • せぎすの四十代後半の女性で、主に外務員の教育を担当している。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 裏切りの外務大臣は「問題はおきていません」と王に報告しつづけた。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • 外務大臣は大統領により指名され、議会での承認を経て就任する。
  • しかし交渉の目途があると外務側でみるなら交渉をやってもよい。 五味川純平『御前会議』より引用
  • 外務卿井上馨が示した基本方針の要点は以下のようなものであった。
  • 外務省内では入省年度が早い彼と区別するため「小加瀬」とも称された。
  • 次へ »

外務 で始まる単語