外傷

全て 名詞
1,809 の用例 (0.02 秒)
  • 怪我をして病院に行くと外傷評価のためのX線撮影をされることがある。
  • 実際彼女は多少息が上がっている以外は目立った外傷もなく元気そうだ。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 患者は自転車で転倒しただけで、外傷などなかったのだと説明を受けた。 乙一『暗黒童話』より引用
  • それと同じように、検死の際死体にもいろいろな外傷を見ることがある。 上野正彦『死体は生きている』より引用
  • また外傷の検索も失神の場合と同じように行うことを忘れてはいけない。
  • 御承知の通りあの少年の体には少しも外傷が見られませんでしたね。 横溝正史『蔵の中・鬼火』より引用
  • 子供は悪夢及び外傷後の経験によって外傷を再び経験するかもしれない。
  • この乳液は外傷治療作用を有するを含む多くの化学物質を含んでいる。
  • 二つ目の遺体は頭部に大きな三本傷とあざがある他は、外傷が見えなかった。 川上稔『AHEADシリーズ 02 終わりのクロニクル①〈下〉』より引用
  • アルツハイマー型だけでなく、事故による脳外傷によるものも含まれる。
  • 外傷なら絶対というので、度胸のあるのが片手を犠牲にすることを考えた。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • 原因となる疾患・外傷などを特定の上、その治療を行うことが中心となる。
  • 外傷の初期治療の一般原則に関してはJATECの項を参照されたい。
  • 大半が先天的なものだが、外傷やほかの目の病気が原因の場合もある。
  • 外傷の検案には時間かかるの知ってたけど、ここまでとは思わなかったぜ。 椹野道流『鬼籍通覧6 亡羊の嘆』より引用
  • 肉刺は手や足にできる水疱で、医学的には外傷性水疱とも呼ばれている。
  • 病気や外傷で神経細胞がダメージを受けると、一生その補充はつかない。 上野正彦『死体検死医』より引用
  • 動物咬傷とは、動物に咬まれた時にできる傷であり、外傷の一つである。
  • 頭部外傷を起こしたことのある人は、飲みすぎないように気をつけた方がよい。 中村希明『犯罪の心理学』より引用
  • 残る一人も意識不明のまま三日後に、頭部外傷で死亡するという事故になった。 上野正彦『死体は生きている』より引用
  • 次へ »