外交

全て 名詞
15,382 の用例 (0.02 秒)
  • ほかの外交販売員たちはまるで後宮ハーレムの女のようにやっているではないか。 カフカ/高橋義孝訳『変身』より引用
  • 以上だけならば、単に信長の使いとしての外交技術者の能力にすぎない。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 出版外交史というような小冊子も資料は十分ということになるでしょう。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 彼の考えにある外交的な意図からも、この訪問は、充分に効果があった。 吉川英治『平将門』より引用
  • 今度の旅行ではオーストラリアを除いては日本の外交機関はなかった。 豊田穣『南十字星の戦場』より引用
  • のちに外交官になった男だけに、どんな場合でも論理すじだて明晰めいせきな男だった。 司馬遼太郎『燃えよ剣 02 (下)』より引用
  • 自負するわけではないが外交に明るい役人は自分以外に思い浮かばない。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 国の軍事力を技術力とすれば、外交にあたるのは営業力ということになる。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • 公使らは各一名ずつの書記官を伴って来たから、一行十二人の外交団だ。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • この家の主人が外交官時代に引き立ててもらった或る老政治家の書だった。 松本清張『球形の荒野 新装版(上)』より引用
  • 上手な外交官には何処かあんな所があるものじゃないかと私思ってよ。 豊島与志雄『掠奪せられたる男』より引用
  • その一方において平和的な外交手段による交渉論が支持されていた。 丘丘十郎『地球発狂事件』より引用
  • 歴史は好きだったし、慶応には本格的な欧米の外交史の授業がなかった。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 外交官の領域では理解しがたいところへ問題の根がのびているらしい。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • とにかくこの人はチベットではなかなか外交に力を用いて居る人物である。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 海外に起こった外交政治経済に関する電報は重要な新聞記事の一つである。 寺田寅彦『一つの思考実験』より引用
  • だから、一国の運命を背負っている外交官などには特に必用なのである。 国枝史郎『今昔茶話』より引用
  • 食堂で不意の質問に辟易へきえきした外交官補などは第一の連絡の綱となった。 有島武郎『或る女』より引用
  • 日本駐在の中国外交官の給料は、月額にして約五万円だと聞いています。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • 久間は、それをはじめ彼女の保険外交員の経験とばかり思いこんでいた。 松本清張『虚線の下絵』より引用
  • 次へ »