外れる音

84 の用例 (0.00 秒)
  • 言っている内に、がちゃりと、扉の鍵が外れる音がした。 西尾維新『新本格魔法少女りすか 03』より引用
  • 単調な呼びだし音がしばらく続いて、受話器が外れる音がした。 山田正紀『神狩り』より引用
  • 窓から下りる、とライが考えたとき、鍵の外れる音がして、ドアがゆっくりと開いた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター別巻01 D-昏い夜想曲』より引用
  • あっさりと言う夏実に、冬湖は感情のたがが、外れる音を聞く。 朝香祥『スパイラル カノン その扉を開く者 (The Beans 01)』より引用
  • 錠の外れる音と同時に、外からドアが引きあけられた。 半村良『セルーナの女神』より引用
  • コンテナの奥に見えるとびらから、おそらくかぎが外れる音が。 小林めぐみ『ねこのめ 第1巻 天秤の錯覚』より引用
  • 何かの外れる音がして、地下道の入口があらわれた。 ルブラン/水谷準訳『奇巌城(ルパン・シリーズ)』より引用
  • 受話器を耳にあて、しばらく呼び出し音を聞いていると、むこうの受話器の外れる音がして、やや金属的な母の声がした。 今邑彩『蛇神』より引用
  • ぱちんぱちんとホックのはずれる音がすると、着物はだらりと椅子の背にかかっていた。 谷譲次『踊る地平線』より引用
  • 五度目のコールで受話器が外れる音がした。 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』より引用
  • メモに書かれた番号をプッシュすると、呼び出し音が三回鳴って、受話器の外れる音がした。 山本弘/友野詳/高井信『妖魔夜行 深紅の闇』より引用
  • それに呼応して、ガチャリと扉のロックが外れる音がした。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • いい加減待って、留守かな、と思った時、チェーンのはずれる音がしてドアが開いた。 赤川次郎『孤独な週末』より引用
  • ドアロックの外れる音がした。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • 受話器が外れる音がして、ハロー、と女の声がした。 森瑤子『風物語』より引用
  • そうやって二人向きあって店先で大声で笑いあっているうち、カタン、と錠のはずれる音がして、店のドアが開いた。 辻内智貴『セイジ』より引用
  • やがて鍵の外れる音がした。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 玄関の鍵の外れる音がする。 篠田節子『カノン』より引用
  • 首を傾げ何度か押すうちに、鍵の外れる音がした。 篠田節子『カノン』より引用
  • そしてドアのおへそが外れる音がします。 工藤久代『ワルシャワ猫物語』より引用
  • 次へ »

外れる音 の使われ方