外れる音

84 の用例 (0.00 秒)
  • 相手の受話器の外れる音がして、少しかすれ気味の低い女の声が応対した。 森瑤子『風物語』より引用
  • と、中でかけ金が外れる音がしてから入口の扉がすうーっと内側へあいた。 海野十三『ふしぎ国探検』より引用
  • がちゃりとかぎの外れる音がして、入ってきた誰かが無造作に言い放った。 有沢まみず『いぬかみっ!01』より引用
  • フランス窓を外側から閉じたとき、玄関の自動錠が外れる音がした。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • レンバルトが呟いた瞬間、かちりと音がして鍵の外れる音が響いた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • さっきとは別の鍵を鍵穴に差し込んでがちゃがちゃするうちにロックの外れる音がした。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • カチリ、とロックの外れる音がして、真鍮しんちゆう製のノブは抵抗も無く回転した。 影山民夫『ボルネオホテル』より引用
  • 少し間があってドアの鍵の外れる音がした。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • ガラス扉のロックが外れる音がして、自動で横に開く。 毛利『志生子 カナリア・ファイル2~傀儡師』より引用
  • ドアの鍵孔に内側から差しこんであった鍵が絨毯じゅうたんの上に落ち、ロックが外れる音が響いた。 大藪春彦『名のない男』より引用
  • と彼が名を告げるのと、扉のロックが外れる音がするのが、ほとんど同時だった。 山田正紀『神狩り』より引用
  • 右に左に、そうしてまた右にひねると、微かに閂止かんぬきどめの外れる音がした。 小栗虫太郎『黒死館殺人事件』より引用
  • ガタリと何かが外れる音がして、流れる風のいきおいがした。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録09 刃を砕く復讐者(下)』より引用
  • インターホンのチャイムを鳴らして待っていると、鍵の外れる音がしてドアが開いた。 東野圭吾『レイクサイド』より引用
  • ガチャガチャと鎖の外れる音がして、ドアが内側に開いた。 峰隆一郎『殺人特急逆転の15分』より引用
  • 間もなく鍵の外れる音がして、ドアが開けられた。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 鍵の外れる音がしてドアが開いた。 東野圭吾『レイクサイド』より引用
  • すぐにかぎが外れる音がして、ドアがあけられる。 小林信彦『紳士同盟』より引用
  • 玄関ドアのロックが外れる音がした。 天童荒太『包帯クラブ』より引用
  • 含み笑いがして、ドアの鍵が外れる音がそれに続いた。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 次へ »

外れる音 の使われ方