外れる構造

5 の用例 (0.00 秒)
  • 電気ポットの接続と基本的には同じで、ひねりの外力が加わると容易に外れる構造になっている。
  • ビークはエスケープメントに軽く接しているだけなので、跳ね上がる角度により簡単に外れる構造になっている。
  • アンテナは任意の方角に向けることができ、無理な力が加わると折損してしまわないように自ら外れる構造となっている。
  • 特にサブフレームは上下2ピースでエンジンを包み込むようにしてマウントし、エンジンを降ろしての整備を可能とするため上のピースはボルトを外すことで簡単に外れる構造になっている。
  • 実際のトンボとは違い「肢6本+ハサミ」という、昆虫の定義からは外れる構造をしている。