外から差し切り

6 の用例 (0.00 秒)
  • 次走の2歳未勝利戦で大外から差し切りを決め、2着に2馬身差をつけて初勝利を収めた。
  • レースでは直線で先頭に立ったマックスビューティを、外から差し切り重賞初制覇をGI優勝で飾った。
  • 続く毎日杯ではハイペースの中、後方に位置し最後の直線で外から差し切り2着に3馬身差の圧勝で重賞初制覇を飾った。
  • その後出走したOROカップでは終始4番手を追走し、最後の直線でボスアミーゴ以下を外から差し切り、2年前の同競走以来の勝利を飾ったが、これが最後の勝利ともなった。
  • 続く6月8日のディアヌ賞は、前走強い勝ちだったことから圧倒的な1番人気に支持され、大外から差し切り2着のギャニョアに3馬身の差を付けて勝利し、レース後にスミヨンはザルカヴァの事を「牝馬版ダラカニ」と称した。
  • その後、マイラーズカップで9着と敗れると、安田記念、毎日王冠、天皇賞と掲示板にあがることも無く、苦戦を続けたが、名手オリビエ・ペリエを背にマイルチャンピオンシップを制覇、GIウィナーとなり、さらに冬の香港マイルでは大外から差し切り、海外GIを制した。