夕飯を食い

21 の用例 (0.00 秒)
  • 代助は夕飯を食う考えもなく、三千代のいる方角へ向いて歩いて行った。 夏目漱石『それから』より引用
  • 野だも山だも分ンねえ、ぼっとした海の中で、おそめに夕飯を食ったあとでよ。 泉鏡花『海異記』より引用
  • あの駅のハンス君と一しょに夕飯を食ってから立ったのじゃないか。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • それでとうとう、あるとき家のなかに入れて、一緒に夕飯を食った。 宮部みゆき『クロスファイア下巻』より引用
  • 時刻が時刻なので、夕飯ゆうめしを食いに来る客は入れ代わり立ち代わり来た。 夏目漱石『門』より引用
  • 代助は夕飯ゆうめしを食う考もなく、三千代のいる方角へ向いて歩いて行った。 夏目漱石『それから』より引用
  • ははあ、あの特別室の男女客は下の料理屋で夕飯を食っているのだな、と思った。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • 現に五、六日前にもたずねて来て、夕飯を食って帰ったと、用人は話した。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • パリに着いた晩、夕飯を食いに、宿からそとへ出て見て驚いた。 大杉栄『日本脱出記』より引用
  • 夕飯を食ってしまっても、陽はまだ空の高いところにあった。 横溝正史『悪魔の降誕祭 他二篇』より引用
  • 彼らの存在を忘れた自分は、快よい風呂に入って、うま夕飯ゆうめしを食った。 夏目漱石『行人』より引用
  • 九時にみんな揃って夕飯を食うことになっていたので、探していると悪いと思ったからである。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • 奥の暗い行燈の下で夕飯を食っている五十前後の男が、お住の父の定吉であるらしかった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 二人は夕飯を食って、暮れ六ツを過ぎた頃から竜土の家を出た。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 蒲焼で夕飯を食ってここを出ると、広小路の春の灯は薄いもやのなかに沈んでいた。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • バイトから帰って風呂ふろに入って二度目の夕飯を食いながら、俺はアパートのみんなに今日の出来事を話していた。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常④』より引用
  • 彼らの存在を忘れた自分は、快い風呂ふろはいって、うまい夕飯を食った。 夏目漱石『行人』より引用
  • 夕飯を食いそびれたことを思い出したが、腹は減っていなかった。 霞流一『フォックスの死劇』より引用
  • 時刻が時刻なので、夕飯ゆうめしを食いに来る客は入れ代り立ち代り来た。 夏目漱石『門』より引用
  • いつもと変わらず働き、いつもと変わらず夕飯を食った。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常④』より引用