夕飯を済ます

20 の用例 (0.00 秒)
  • わたしはその約束を守って、夕飯を済ますとすぐにKのおじさんをたずねた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • カップ麺で夕飯を済ましているところに、その君島から電話がかかってきた。 月村奎『レジーデージー』より引用
  • 清住町へ着いたのはちょうど五時で、家の者はいずれも夕飯を済まして茶を飲んでいるところであった。 小栗風葉『深川女房』より引用
  • そして戻ってきて、そそくさと夕飯を済まして、わたしを誘いに来たというのです。 小川国夫『逸民』より引用
  • どんなに精神的に深手を負おうと、七時すぎには夕飯を済まして家を出なければいけない大黒柱が待っているのだ。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第08巻』より引用
  • 自分は夕飯を済ましてから、二たびこの蟻のたたかひを見に来た。 斎藤茂吉『三年』より引用
  • 下宿へ帰って夕飯を済ますと、火鉢ひばちの前へ坐って煙草たばこを吹かしながらぼんやり自分の未来を想像したりした。 夏目漱石『行人』より引用
  • 下宿へ帰って夕飯ゆうめしを済ますと、火鉢ひばちの前へすわって煙草たばこを吹かしながら茫然ぼんやり自分の未来を想像したりした。 夏目漱石『行人』より引用
  • 風呂にはいり夕飯を済ましてから、その晩私と妻とは彼を相手に、遅くまで話し合ったり笑ったりして、初めて彼の事情をよく知りました。 豊島与志雄『香奠』より引用
  • 彼も妻子のところへ帰って来て、母屋もやの囲炉裏ばたの方で家のものと一緒に夕飯を済まし、食後に父をその隠居所に見に行った。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 其畔りに天幕を張り小屋を掛けて、火にあたりながら夕飯を済ますと、七時頃に大雨が降って来た。 木暮理太郎『黒部川を遡る 』より引用
  • 太郎は夕飯を済ますと、「床屋とこやへ行ってくらあ」と母に言った。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • 細君の帰って来たのは、彼が夕飯ゆうめしを済ましてまた書斎へ引き取ったあとなので、もうあかりいてから一、二時間経っていた。 夏目漱石『道草』より引用
  • 八時に遅がけの夕飯を済ました私は、もう女学校も休暇に入ったので、何処か南の方へ旅行に出掛ける仕度をしていた時だった。 大阪圭吉『寒の夜晴れ』より引用
  • 壁に掛けてあった小袖こそでを眺めていた道也はしばらくして、夕飯ゆうめしを済ましながら、 「どこぞへ行ったのかい」と聞く。 夏目漱石『野分』より引用
  • その晩も下宿で淋しい木屑を喫むやうな夕飯を済ますと机の上の雑誌を取つて覗いてゐたが、なんだかぢつとしてゐられないので活動でも見て帰りに蕎麦でも喫はうと思つて其所の活動写真館へやつて来た。 田中貢太郎『牡蠣船』より引用
  • その晩は早く夕飯を済ました。 島崎藤村『芽生』より引用
  • 昨夕ゆうべ飯を済まして煙草たばこんでいると急に広間の方で、オルガンをく音がしたが、あの女がやったんじゃないかと聞くと、いいえ昨夕のは宅の下女ですと云う。 夏目漱石『満韓ところどころ』より引用
  • 出来上がった肉野菜炒めと前日からジャーに入れっぱなしの飯で夕飯を済ますと、東野はしばらくの間、腕組みをしてベッドに寄りかかっていた。 篠田節子『ハルモニア』より引用
  • 楽しい笑声の中に、私は夕飯を済ました。 島崎藤村『千曲川のスケッチ』より引用