夕飯の馳走

6 の用例 (0.00 秒)
  • ここで夕飯の馳走になって、二人は好きな勝負に時の移るのを忘れていた。 岡本綺堂『真鬼偽鬼』より引用
  • 土地の人達の心づくしから、その晩は宿の二階で鷄二と一緒に夕飯の馳走になつた。 島崎藤村『山陰土産』より引用
  • 父親は夕飯の馳走ちそうになって旅宿に帰った。 田山花袋『蒲団』より引用
  • ただ、夕飯の馳走ちそうにでも成るように、心易こころやすい人達を相手にして、はなしたり笑ったりした。 島崎藤村『家』より引用
  • 寿平次はその遠慮から、夕飯の馳走ちそうになった礼を述べ、同じ焼け出された仲間でも上の伏見屋というもののある金兵衛の仮宅の方へ行って泊めてもらおうとした。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 父が世に在った頃、よく加福の師匠に案内されてこの揚出しだの、山下の鶴のいる牛肉屋だので夕飯の馳走にあずかったものであつた。 矢田津世子『痀女抄録』より引用