夕飯の用意

19 の用例 (0.00 秒)
  • それでも亮子さんは、お昼や夕飯の用意などしていたようでしたけどね。 新津きよみ『女友達』より引用
  • 医師の一人なんて、自宅に夕飯の用意までしていたらしい。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The First Compression 圧縮』より引用
  • 一度だって夕飯の用意に遅れたこともなければ、行く先を告げずに出かけたこともないのに。 小野不由美『十二国記 01 月の影 影の海(上)』より引用
  • 夕飯の用意をする間も、母親の機嫌は悪いままだった。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 台所で夕飯の用意をしていた母に、宿題なの、と言ってさとるはその理由を尋ねた。 山本文緒『群青の夜の羽毛布』より引用
  • 節子は夕飯の用意して叔父を待っていた。 島崎藤村『新生』より引用
  • おかげで夕飯ゆうはん用意ようい手伝てつだわされちゃったわ。 小野不由美『くらのかみ』より引用
  • カタコンブは、ちょうど夕飯の用意ができたところだった。 レマルク/山西英一訳『凱旋門(下)』より引用
  • どこへも出ないし、余計な口もきくわけではない、そしてその間に笑顔を見せたことと言えば、一度はおかみが彼に夕飯の用意をしてくれたときと、もう一度は貴族の旦那にむかってと、この二回きりなのである。 トルストイ/北垣信行訳『トルストイ民話集2「人間にはたくさんの土地が必要か」』より引用
  • ダイニング・キチンではこの家の主婦が夕飯の用意にいそがしい。 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • 梓は台所で夕飯の用意のために立ち働いている。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 先生とチーチーとわたしが、木のばかりの夕飯ゆうはん用意よういをしていると、ポリネシアがいいました。 ロフティング『ドリトル先生物語08巻 ドリトル先生 月へゆく』より引用
  • 夕飯の用意を命じて置いて来たからと、蓮太郎に誘はれて、丑松は一緒に根津の旅舎やどやの方へ出掛けて行つた。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 夕飯の用意を命じて置いて来たからと、蓮太郎に誘われて、丑松は一緒に根津ねつ旅舎やどやの方へ出掛けて行った。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 夕飯の用意をして、夜は子供たちの靴下を繕う。 稲垣美晴『フィンランド語は猫の言葉』より引用
  • ふきがお茶を淹れに立ったが、ふきが向かった台所はきっちりと片づいたまま、夕飯の用意をしていた形跡がない。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 夕飯の用意にと、蓮太郎が宿へ命じて置いたは千曲川のはや、それは上田から来る途中で買取つたとやらで、魚田楽ぎよでんにこしらへさせて、一緒に初冬の河魚の味を試みたいとのこと。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 夕飯の用意にと、蓮太郎れんたろうが宿へ命じて置いたは千曲川ちくまがわはや、それは上田から来る途中で買取かいとったとやらで、魚田楽ぎょでんにこしらえさせて、一緒に初冬はつふゆの河魚の味を試みたいとのこと。 島崎藤村『破戒』より引用
  • ボーシスが夕飯の用意をしている間に、その旅人達は、フィリーモンと大変うちとけて話し合うようになりました。 三宅幾三郎『ワンダ・ブック——少年・少女のために——』より引用