夕飯の支度

109 の用例 (0.00 秒)
  • それからお夕飯の支度したくもしなくてはならず、お使いにも行かねばならぬ。 オルコット/吉田勝江訳『若草物語 1上』より引用
  • 夕飯の支度をするのでと云って、二人して部屋を出ていったのである。 綾辻行人『鳴風荘事件 ―殺人方程式Ⅱ―』より引用
  • どこの家でもそろそろ夕飯の支度したくに取りかかっている頃合ころあいなのでしょう。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • 夕飯の支度をしているお母さんが、僕の足を見て感慨深そうに言った。 乙一『死にぞこないの青』より引用
  • 嫂や祖母さんは家の方で夕飯の支度したくをしながら、岸本の帰りを待っていた。 島崎藤村『新生』より引用
  • 真九郎は人数分のパスタを取り出し、夕飯の支度を続けることにした。 片山憲太郎『紅 第03巻 ~醜悪祭~ (上)』より引用
  • ジュウは顔を洗ってから着替えると、台所に行って夕飯の支度を始めた。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • 風呂のそばにある台所では彼の妻が夕飯の支度をしている。 群ようこ『贅沢貧乏のマリア』より引用
  • お袋が夕飯の支度は面倒だと言うので、ぼくらは三人で外に出た。 樋口有介『八月の舟』より引用
  • 世のすべての妻が負っている夕飯の支度したくという義務は、絶対だった。 平林たい子『うつむく女』より引用
  • それは、急いで帰って夕飯の支度をしなければならない女のいら立ちに似ていた。 打海文三『時には懺悔を』より引用
  • サロン・エプロンをかけているところをみると夕飯の支度でもしていたのだろう。 横溝正史『夜の黒豹』より引用
  • 夕飯の支度は出来ているので、お幾はすぐに膳ごしらえをしてくる。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • それが救いだったのでやり過ぎてしまい、夕飯の支度がいつもより遅れました。 小川国夫『逸民』より引用
  • 中からは夕飯の支度したくをしているらしい、煮物の匂いが流れていた。 樋口有介『プラスチック・ラブ』より引用
  • もう夕飯の支度したくをしなければならない時間になっていた。 平林たい子『うつむく女』より引用
  • 夕飯の支度の出来るまで赤ん坊をおぶって廊下を何度も行ったり来たりしている。 林芙美子『新版 放浪記』より引用
  • 夕方まで修行してもいいと許可をもらったが、もう戻って夕飯の支度をしなければならない時間である。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 部屋に戻った真九郎は、夕飯の支度したくをすることにした。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • まだお夕飯の支度にとりかかっていなかったのよ。 森村誠一『魔少年』より引用
  • 次へ »

夕飯の支度 の使われ方