夕飯の後

22 の用例 (0.00 秒)
  • 日のたいへん長い今の季節は、夕飯の後二、三時間も外が明るいままなのだ。 荻原規子『西の善き魔女外伝1 金の糸紡げば』より引用
  • それが面白いものだから、夕飯の後で其の読み続きを読んでいたように覚えておる。 田中貢太郎『人面瘡物語』より引用
  • 夕飯の後、きれいな月の見える庭を俊吉と信子は二人で散歩した。
  • 夕飯の後、一階に降りると、白衣を着た柴原の姿が廊下にあった。 畠中恵『百万の手』より引用
  • 夕飯の後で九兵衛は蠅のことを云いだした。 田中貢太郎『蠅供養』より引用
  • 夕飯の後、部屋に戻ると、隅のゴミ箱の後ろにふぅちゃんがしゃがみ込んでいました。 麻枝准『涼元悠一 魁 CLANNAD Official Another Story 光見守る坂道で』より引用
  • 夕飯の後、三吉は二階に上って、机にむかって見た。 島崎藤村『家』より引用
  • 私たちは遅いお夕飯の後、また手分けして片づけものをし、すでにリリアン組と花寺はなでら組に解散していた。 今野緒雪『マリア様がみてる 04 ロサ・カニーナ』より引用
  • 夕飯の後、三吉は兄が一生にさかのぼって、今日に到るまでのことをくわしく聞こうとした。 島崎藤村『家』より引用
  • 夕飯の後、焚火たきびかこんでみんなでがけ対策について話した。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第3巻』より引用
  • 見張るといっても学校から帰って夕飯までのわずかの間だけ、今日のように口煩い母親がいないときには夕飯の後にも出かけることができたが、その頻度は決して高くなかった。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 夕飯の後は、アルバムを見たり、グランマが撮った八ミリフィルムを見て過ごした。 華恵『本を読むわたし ―My Book Report』より引用
  • 夕飯の後、まだ宿直室に話しこんで、例の愚痴の多い性質から、生先おいさき長い二人に笑われているうちに、壁の上の時計は八時打ち、九時打った。 島崎藤村『破戒』より引用
  • しかし、夕飯ゆうはんあとは、いつも、辰吉たつきちは、そとて、自分じぶん故郷こきょうにいるときとおなじように、そらほしあおぎました。 小川未明『木に上った子供』より引用
  • すっかり夕飯の後片づけがすむと、さよは明朝の準備に、碧色の二重鍋を火にかけた。 宮本百合子『心の河』より引用
  • 夕飯の後、まだ宿直室に話しこんで、例の愚痴の多い性質から、生先おひさき長い二人に笑はれて居るうちに、壁の上の時計は八時打ち、九時打つた。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 夕飯の後、お雪は尋ねた。 島崎藤村『家』より引用
  • 夕飯の後、蓮華寺では説教の準備したくを為るので多忙いそがしかつた。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 御坂美琴みさかみこと達は、『夕飯の後に行われる予定の』先生からの点呼てんこえて待つと、夜もけてから、宿泊するホテルからわざわざ少し離れた所にあるレストランに足を運んでいた。 鎌池和馬『とある科学の超電磁砲』より引用
  • 留美子は夕飯の後、あごで麻也子に合図した。 林真理子『不機嫌な果実』より引用
  • 次へ »