夕日

全て 名詞
2,514 の用例 (0.02 秒)
  • 南向きの窓から入る夕日が逆光となってその姿を曖昧あいまいなものにしていた。 谷川流『涼宮ハルヒの憤慨』より引用
  • 半蔵らは夕日の満ちた深い谷を望むことのできるような部屋へやに来ていた。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • やがてわが居る山の影、夕日に長く川のかなたまで及ぶばかりとなりぬ。 大町桂月『八塩のいでゆ』より引用
  • 西洋人は、両手を腰に置き、赤い燠火おきびのようになった夕日へ目を向けた。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • 船は首を上げたり下げたりしつつ夕日に向って苦しげに進んでいった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 今さき朝起きた筈だのにと思っているともう夕日が窓から射して来る。 横光利一『旅愁』より引用
  • 夕日を浴びながら飲んだビールの旨さが忘れられなかったのである。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • 火の消えかけた夕日のような、赤く丸い球体が部屋のおくかんでいる。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録07 闇をあざむく龍の影』より引用
  • まだ夕日になるまで時間があるのに弥生ちゃんの瞳は赤くなっている。 乙一『夏と花火と私の死体』より引用
  • ここでは夕日の光をさしているが、同時に何かの物の影も連想させる。 大岡信『名句歌ごよみ〔秋〕』より引用
  • すでに本日の営業を終えた食堂には、窓から夕日が差し込んできている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • そのころの一日、わたしは夕日を受けて別府の海岸沿いの道を歩いていた。 城山三郎『忘れ得ぬ翼』より引用
  • 私もその瓦の上を歩いてゐるとあのお池の水が夕日に光つて見えた。 片山広子『池を掘る』より引用
  • 夕日が本郷高台一円の空を金色にそめてゐるのを私はよく見に出ました。 室生犀星『ザボンの実る木のもとに』より引用
  • 夕日を浴びて立っている六、七人の醜悪な獣人どもと、面と向き合った。 ウェルズ/能島武文訳『モロー博士の島』より引用
  • 遠くから見た夕日の映え具合が彼女に一ばん印象的だったのかもしれない。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • 赤い夕日が落ちて夜になれば、学校に残る人間はいなくなるだろう。 奈須きのこ『Fate/stay night プロローグ』より引用
  • 三人が何杯かかさねているうちに、いつしか赤い夕日は西の方に傾いた。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(二)』より引用
  • 上映室じょうえいしつの中は、夕日が落ちたばかりのような透明とうめいあい色に染まっていた。 野村美月『文学少女シリーズ05 “文学少女”と慟哭の巡礼者』より引用
  • わたしが母の顔をずっとながめていると、やがて夕日が障子しょうじを赤くした。 乙一『失踪HOLIDAY』より引用
  • 次へ »

夕日 で始まる単語