夕子

全て 名詞
4,379 の用例 (0.01 秒)
  • 夕子は私の手からそれを受け取ってじっと見てから少女の方へ返した。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • 私も、別にあてこんで来たわけではないのだが、夕子の提案に同意した。 赤川次郎『幽霊園遊会』より引用
  • 私はその写真の女性が夕子だということを一瞬たりとも疑わなかった。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • と、夕子は、恋人にしては思いやりのないことを言ってくれるのである。 赤川次郎『幽霊園遊会』より引用
  • 夕子は、じっと腕組みをして、ボートの灯が動いているのを眺めている。 赤川次郎『幽霊湖畔』より引用
  • もちろん、私だって夕子と二人で温泉に、なんて洒落しゃれてみたいとは思う。 赤川次郎『おとなりも名探偵』より引用
  • 突然、夕子が凄い悲鳴を上げ、私は完全に椅子から飛び上ってしまった。 赤川次郎『幽霊湖畔』より引用
  • 突然背後から声をかけられて、私と夕子はどうにもなすすべがなかった。 赤川次郎『幽霊湖畔』より引用
  • こういう物言いをすれば、夕子がまた怒りだすことは予測がついていた。 松岡圭祐『千里眼 堕天使のメモリー』より引用
  • だが、夕子と二人で話をするのに、これ以上いい場所があるだろうか。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • 山里有紀子も夕子も私も、しばらく動くのを忘れてしまったようだった。 赤川次郎『幽霊散歩道(プロムナード)』より引用
  • 誰か客が置いて行ってしまった物だそうで、夕子が交渉してもらって来たのだ。 赤川次郎『幽霊愛好会』より引用
  • やはり年齢の差が、ここに来て夕子の熱をさましつつあるのだろうか? 赤川次郎『幽霊愛好会』より引用
  • 旅館の車が走り出した時、もう夕子と大塚の車はずっと先を走っていた。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • だから夕子にそっくりの女性が存在したとしても不思議ではない。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • 私と夕子が先にテラスへ出て、湖を眺めていると、誰かの足音がした。 赤川次郎『幽霊湖畔』より引用
  • 背の高い可南子ちゃんが、頭一つ分低い夕子さんにしがみついて泣いた。 今野緒雪『マリア様がみてる 18 特別でないただの一日』より引用
  • 夕子の窓の灯が消えてから数十秒後に中央の部屋の窓が点灯した。 森村誠一『殺人の組曲』より引用
  • 夕子はいつも私に見せる皮肉な微笑とはまるで違う、優しい笑顔で言った。 赤川次郎『幽霊愛好会』より引用
  • その霧のようにたちのぼる音の森へ向かって島村夕子は歩いて行った。 宇神幸男『神宿る手』より引用
  • 次へ »