夕刻帰宅

6 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は、夕刻帰宅すると玄関へ出迎える細君へ向って大喝一声するのだ。 谷譲次『踊る地平線』より引用
  • 幸いヘルメットをかぶっていたので、大したこともなく、仕事を続けて夕刻帰宅した。 上野正彦『死体は語る』より引用
  • 朝会社に出て夕刻帰宅する生活がなつかしくなった。 阿部牧郎『誘惑街の女たち』より引用
  • それから夕刻帰宅して食事を済ますと、二時間ばかり毛布にくるまってゴロリと寝る。 海野十三『深夜の市長』より引用
  • 夕刻帰宅したお父さんは、「どれどれ」などと言って上着を脱ぎ、腕まくりして箱をうやうやしく開ける。 東海林さだお『タコの丸かじり』より引用
  • 翌二日、西門慶は朝から年始回り、夕刻帰宅すると、韓叔父、応伯爵、謝希大しゃきだい常峙節じょうじせつ、花子由しゆが広間に待ち構え、陳敬済が応待し、後に呉二舅も現われた。 作者不詳/富士正晴訳『金瓶梅(下)』より引用