夕刻六時ごろ

5 の用例 (0.00 秒)
  • ある冬の夕刻六時ごろ、ぼくは実家を訪ねるためむかしの通りを歩いていた。 シリトー/丸谷才一・河野一郎訳『長距離走者の孤独』より引用
  • 十月十三日の晩餐の席で、提督は翌日の夕刻六時ごろにはセントへレナの島影を見ることになるだろうと告げた。 アレクサンドル・デュマ/乾野実歩訳『リシャール大尉』より引用
  • 妙子については、当日夕刻六時ごろから北山睦雄を呼び、酒を呑ませている。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • 陪審員が、ひとりないし数名による他殺事件と答申してから、二時間のちの夕刻六時ごろには、記者の調査はほとんど終了していた。 ベントリー/宇野利泰訳『トレント最後の事件』より引用
  • 神木が投下されるのは、夜中の十二時だというのに、夕刻六時ごろから、すでにはだかのおにいさんたちが、ワッショイワッショイのかけ声も勇ましく、徒党を組んで境内に駆けこんでくる。 東海林さだお『ショージ君のぐうたら旅行』より引用