夕刻ちかく

5 の用例 (0.00 秒)
  • ところが、夕刻ちかくなっても、お千代は豊前屋にもどってこなかった。 南原幹雄『付き馬屋おえん暗闇始末』より引用
  • 二日目の夕刻ちかく、弁論は終った。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 夕刻ちかく、商談で入船町の仲買人・伊豆屋いずやをおとずれたときも、縞の留袖が掘割ぞいの道を半丁くらいはなれてついてきた。 南原幹雄『付き馬屋おえん暗闇始末』より引用
  • その千姫屋敷に、夕刻ちかく、坂崎から三人の使者がおとずれて、いそぎ吉田修理介に面会を申しこんだ。 山田風太郎『忍法帖5 くノ一忍法帖』より引用
  • 夕刻ちかく、魔子は思いきって中崎へ電話をした。 阿部牧郎『誘惑街の女たち』より引用