夏子

全て 名詞
1,738 の用例 (0.02 秒)
  • これが地元で瞬く間に評判となり夏子の耳にも入ってくるようになった。
  • だから夏子ちゃんは、自分の祖父に何も文句が言えなかったというわけ。 吉村達也『血液型殺人事件』より引用
  • 実夏子は白い顔を上げ、紫がかってさえいる唇をかすかに開いて笑った。 角田光代『ピンク・バス』より引用
  • 実夏子の手がゆっくり解かれていくのを感じながらサエコは目を閉じた。 角田光代『ピンク・バス』より引用
  • 湯沢夏子の遺体が発見されたのは、向かって左側の一号室のほうである。 吉村達也『血液型殺人事件』より引用
  • それとも、絶対に夏子が生きて祖父と会うことはないと確信しているのか。 吉村達也『血液型殺人事件』より引用
  • だが、それが夏子の行動を制限する役割を果たしているとも思えない。 吉村達也『血液型殺人事件』より引用
  • 曇ったところのないきれいな声であることに、夏子は軽く安堵あんどを覚えた。 片岡義男『私はいつも私 片岡義男 恋愛短篇セレクション 別れ』より引用
  • 二人の間のテーブルには、教授が夏子の部屋で見つけた写真が置いてあった。 吉村達也『血液型殺人事件』より引用
  • その日、佐田と夏子は、神戸に行って、夜東京に帰るつもりにしていた。 山村美紗『京都の祭に人が死ぬ』より引用
  • では、夏子はこいつらを私に無断でこの家に連れてきたということか。 吉村達也『血液型殺人事件』より引用
  • 母親は、つい今まで夏子の勉強部屋でテレビ通販の電話に答えていたから。 水月郁見『たたかう!図書委員』より引用
  • これは、1の文章が夏子寄りの視点で叙述しているからであるとされる。
  • もちろん、夏子さんを殺した犯人は憎んでも憎みきれなかったでしょう。 吉村達也『血液型殺人事件』より引用
  • 夏子のノイローゼは、不思議なことに湘南しようなん方面なら調子がいいのである。 山口瞳『江分利満氏の華麗な生活』より引用
  • 数日後、海に落ちた車の中から笠倉夏子と思われる死体が発見された。
  • 夏子明かしめいの生白い顔に向かって、大牙たいがはいぶかしげな表情を作ってみせた。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • さっきと同じ体勢で実夏子は煙草をくわえ、暮れ始めた空を眺めている。 角田光代『ピンク・バス』より引用
  • あなたはやっぱり現実に存在したのか、という意味で、夏子は言ったのだが。 水月郁見『たたかう!図書委員』より引用
  • しかも、三年前の交通事故が原因で、夏子は、一人息子を失っている。 西村京太郎『特急「白鳥」十四時間』より引用
  • 次へ »