夏休み

全て 名詞
5,104 の用例 (0.02 秒)
  • このときのために、不思議な夏休みがあったと断言しても過言じゃない。 入間人間『電波女と青春男 第05巻』より引用
  • 五月になって、最後の期末試験が終わると、大学は長い夏休みに入った。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • その予告は前の日に伝えられたが、夏休みがあったらそうはできなかった。 吉行淳之介『犬が育てた猫』より引用
  • 夏休みが終わっても、横町から子供達がいなくなったわけではありません。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 夏休みに入ってすぐのニュースがマハラジャ商店での殺人事件だった。 池上永一『レキオス』より引用
  • 夏のにおいが満ちていて、法子はふと幼い日の夏休みの頃を思い出した。 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • 夏休みの最後の日にさ、西側の商店街でそういう事件があったんだ。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • ちょうど夏休みに入るころで、旅行に出るのには都合がいいときでもあった。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • あのころは夏休みがなぜあんなに楽しみだったのか不思議なような気がした。 ヘッセ/岩淵達治訳『車輪の下』より引用
  • 中学二年の夏休み最後の日の、しかも牛後八時を五分ほど過ぎていた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その1』より引用
  • 胡散臭うさんくさ笑顔えがおは夏休み半ばになってもそのまま代わりえしないようだ。 谷川流『涼宮ハルヒの暴走』より引用
  • 夏休みが終わるまではそこにいる、元気で働いている、そう言ってました。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • うちの学校の料理部は、夏休みのあいだは月曜日だけの活動となっている。 松野秋鳴『えむえむっ! 第03巻』より引用
  • 少し大きくなってから、夏休みなど飯坂や五色温泉に連れて行ってくれた。 宮本百合子『百銭』より引用
  • 夏休みのあいだずっと遊びほうけていて、ふと気がつくと八月も終わり。 高橋直子『競馬の国のアリス』より引用
  • 夏休み前に三年生が引退するまでは女子の先輩もいたのに、いまは男ばかりだ。 米澤穂信『秋期限定栗きんとん事件〈上〉』より引用
  • 戦争前までは、夏休みになると、毎日のように、修学旅行の連中が来た。 中谷宇吉郎『楡の花』より引用
  • 明日から夏休みだというのに、どうしてこんなことになってしまうのだろう? 西尾維新『新本格魔法少女りすか 02』より引用
  • 中学時代に、京都に博覧会が開かれ、学校から夏休みの見学旅行をした。 寺田寅彦『夏』より引用
  • 彼が夏休みを過ごすためにやって来た従兄弟いとこの少年のように見えたからだ。 西田俊也『love history』より引用
  • 次へ »