夏休み明け

59 の用例 (0.00 秒)
  • ところが、大学三年の夏休み明けから急に大学に行かなくなったのだ。 新津きよみ『招待客』より引用
  • だが彼は高校の生徒ではなく教師であり、紗雪は夏休み明けにその事実を知ってしまう。
  • 夏休み明けに一度短く切ったが、その後徐々に伸びてきている。
  • 夏休み明けで落ち着いていたんだが、また街にガキがもどりだしてる。 石田衣良『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5』より引用
  • 九月の始まりの一日目であり、夏休み明け最初の登校日でもある。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第03巻』より引用
  • 健二がバスケ部の友達からそんな話を聞いたのは、ぼんやりとした生活が続いていた中三の夏休み明けのことだ。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • しかしそんな優介が、5年生の夏休み明けに転校してきただいちゃんを家に連れてくる。
  • 夏休み明けで怠惰たいだに慣れきった心身が少しだけ学校の時間に馴染なじんできた頃、文化祭は開催されたのであった。 入間人間『電波女と青春男 第06巻』より引用
  • 彼女は、およそ三ヶ月前の夏休み明けに、新任の保健師として学校にやってきた。 西野かつみ『かのこん 第07巻 ~さよなら、オオカミ~』より引用
  • 朝の門番は、夏休み明けに転校してきた二年生の女子が勝手にはじめたことで、なんの害があるわけでもないから皆受け入れているだけのことだったのだ。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第04巻 jini使い』より引用
  • 原作では一年生の夏休み明けにあたるタイミングでアニメ化発表がなされ、原作はその後しばらく休載した。
  • この辺りのフラグが良い感じに作用して夏休み明けに衝撃しようげきの転入生イベントが発生しそうで何かいやな予感がする上条である。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • 毎年、宿題を丸写ししていたせいで、夏休み明けの実力テストで三雲の成績は散々さんざんでした。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • 果たしてこのような気持ちのまま、夏休み明け、再び全員が顔を揃えることはあるのか。 万城目学『鴨川ホルモー』より引用
  • 一学期の成績は二年の時よりさがっちゃうし、夏休み明けの実力試験は最低だった。 山本弘/下村家惠子/友野詳『妖魔夜行 真夜中の翼』より引用
  • そもそものきっかけは、聡美のクラスのある男子生徒が、夏休み明けの日本史の時間に投げかけた質問だったそうだ。 村山由佳『星々の舟』より引用
  • 加東かとうさんが前期の試験休みに旅行に行くって聞いたのは、夏休み明けの九月の初めのことだった気がする。 今野緒雪『マリア様がみてる 31 マーガレットにリボン』より引用
  • 通常は二週間のところ、夏休み明けまで借りてよいことになるから、大勢がいつもより多めに借りる。 長嶋有『ぼくは落ち着きがない』より引用
  • たった一ヶ月袖を通さなかっただけなのに、まるでおろしたての新しい服を着けてるような気分になるのは、中学時代の夏休み明けからいつものことだが、今回はプレ二学期という特殊な状況がよりそう思わせているらしい。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第03巻』より引用
  • 公立富津高校は二学期制なので、期末試験は夏休み明けの九月にある。 平坂読『ラノベ部 第3巻』より引用
  • 次へ »