夏休み前

113 の用例 (0.00 秒)
  • 中学一年の夏休み前に祖父がやって来て、両親と僕とで話し合いをした。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • 夏休み前のときもそうだったが、適当に動いても無駄足にしかならない。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • 夏休み前に三年生が引退するまでは女子の先輩もいたのに、いまは男ばかりだ。 米澤穂信『秋期限定栗きんとん事件〈上〉』より引用
  • 夏休み前のときなど、何日も後をつけられていたのにまるで気づかなかったのだ。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • 夏休み前は、顔と名前を知っているだけの間柄だったのだから。 橋本紡『彩乃ちゃんのお告げ』より引用
  • 夏休み前に大学に来たのは、単位以外にも理由があった。 加門七海『203号室』より引用
  • 夏休み前で、小中学生の姿こそないが、すでに多くの男女が歩きまわっていた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿07 霧の訪問者』より引用
  • 高校卒業後の進路を決めたのは三年の夏休み前だった。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • 耕太郎はただ呆然とするばかりであったが、目が覚めると再び夏休み前に戻っていた。
  • 高校二年生の夏休み前だったと記憶している。 原田宗典『家族それはヘンテコなもの』より引用
  • そのため、原作では夏休み前の話であるが、今作の時間軸では夏休み後に変更されている話もある。
  • 夏休み前、付き合っていた彼女が駅の階段から落ちてあっけなく死んでしまった。
  • 去年の話ですから、まだ私が中二だったころの夏休み前です。 佐藤ケイ『夜の犬 barghests march』より引用
  • 夏休み前の事件も、その後のえぐり魔も、心の底に沈めておきたいような記憶だ。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • それには夏休み前の事件が影響している。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • 夏休み前に鹿田が富之助にじやうだんを云つたことがある。 木下杢太郎『少年の死』より引用
  • そうして、夏休み前にいた下宿へはまだ帰らずにいると云った。 夏目漱石『門』より引用
  • これが厄介やっかいで、逃げ場所を探していた夏休み前にもガンツと連絡を取らなかったのだ。 丈月城『カンピオーネ! 04 英雄と王』より引用
  • こっちの修学旅行は、夏休み前に終わってしまっていました。 竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん 第02巻』より引用
  • 部長が指差した箇所は、夏休み前に二本のうち片方を替えた。 長嶋有『ぼくは落ち着きがない』より引用
  • 次へ »

夏休み前 の使われ方